日記
2008さすらい北海道3
日記

このページの写真は特に記述の無い限り筆者が撮影したものです

6月10日  晴れ 北海道3日目

6時起床。朝の風景を眺めながらから部屋風呂。

朝食はもちろんこれ。

TOP

ゆっくりしすぎて8時20分くらいにチェックアウト。予定を変更し高速で移動する。帯広のICはETCゲートどころかブースすらなく素通り。池田の本線料金所到着が8時58分でなんとか通勤割引に間に合う。足寄方面へ向かうが交通量と道路整備が不釣合いなこと甚だしい。

TOP

足寄では道の駅で小休止。廃線あとが悲しい。

TOP

ここでふきソフトを食べてみる。予想に反してなかなか美味い。

TOP

ここからは阿寒湖経由で移動する。懐かしい場所で記念撮影。

TOP

1時間半ほどで摩周湖到着。今日も良く見える。

TOP

摩周湖の跡は移動を再開。川湯を過ぎたあたりで走行距離が600kmをこえるがここでようやくガソリン残量表示が半分に。プリウス恐るべし。

TOP

知床国道をひた走る。

TOP

13時過ぎにオシンコシンの滝で小休止。

TOP

ウトロの町を望む。

TOP

13時40分くらいに知床峠へ到着。

TOP

羅臼で15時前に遅めのワイルドな昼食をとる。

TOP

移動再開。遠くに北方領土が霞んで見える。

TOP

中標津付近をひた走る。

TOP

17時過ぎに湿原へ。線路を鹿が横切っていった。

TOP

展望台付近にキタキツネが。きっとバカな観光客が餌付けをしたに違いない。

TOP

夕暮れの展望台。

TOP

このあとちょうど列車がやってきた。

TOP

いつもの場所で記念撮影。

TOP

もういっちょ記念撮影。

TOP

19時前に宿へ無事チェックインする。

TOP

そして、春日友の会某氏のいきつけの店へなだれ込む。

TOP

セットメニューでいただく。いわし美味すぎ。

TOP

お店のマスターとおかみさんと某氏の話題で盛り上がり、サービスでさらにいろいろいただいて飲みすぎ。1時間半ほど過ごさせていただく。食後は朦朧とした意識の中コンビニ経由でホテルへ戻る。

TOP

いうまでもなく轟沈。本日の走行約500km。われながらよく走ったなぁ。

日記
続きはここ
日記
Copyright (C) Hiroshi Sakamoto 1997-2008 All rights reserved
本文、写真の無断転載を禁じます。何らかの事情で転載を希望される場合は事前連絡の上了承を得てください。
リンクはまったくフリーですが、リンクをはられたかたは事後で結構ですのでご一報いただけると幸いです。

Diary | HOME
inserted by FC2 system