日記
2004年6月の日記
日記

このページの写真は特に記述の無い限り筆者が撮影したものです

6月1日  晴れ もう6月

6時5分起床。月初めなので朝会の日。毎度のことながらめんどくさいのう。

朝会のため1時間ほどロスし、ばたばたして一日が終わる。残業するつもりでいたけれど、今月は後半に死ぬほど忙しくなるのが目に見えているので前半はほどほどにしておこう。といってもやることが減るわけじゃないのがつらいよねー。後回しできるものは後回しだな。スケジュールを吟味しよう。昨日は関東でのNTT系のトラブルのために、うちまで影響を被ってしまった。おかげで昨日仕事にならなかったぶんが今日にもつれこんでしまったではないかー。損害賠償を請求したいぞ>NTT。

TOP


6月2日  くもり 定時日

7時起床。今朝はまた涼しくて気持ちが良い。本当に梅雨か?

今日は急ぎの仕事と問い合わせやなんやらいろいろあってばた狂う状態。せめてメールの返事はメールでしてほしいのう。

また長崎で事件が。こんどは小学生同士の学校内での殺人事件ですか。たいへんですな。これって、学校が責められるようなことなんだろうか?学校教育以前の家庭教育の問題がおおきいとおもうけど。「刃物で切れば怪我をする」「怪我が深ければ命をおとす」「人を殺すというのはあってはならない」なんてことは学校で教える以前の問題だとおもうのよねー。チャットが事件の発端になっているようだけれど、だからチャットをしてはいけないなんていうおかしな方向にはなしが行かないことを祈りたい。どのようなことをかかれて殺そうと思ったのかはまだわからないけれど、人に報復しようと思うような内容でしかもそれが「殺す」というようなことなのだろうか?テレビやアニメやゲーム等で殺す・殺されるというのは多いと思うけれど、こういうものの悪影響も大きいのだろう。分別のつく年齢にならなくてもこういう情報・メディアに接することが容易というのは、時代の流れなのだろうか。

とりあえず定時であがり、ささき氏とヨドバシ方面へ。焼き鳥屋で美味な焼き鳥をたべながら生を3杯ほど飲む。画像提供:ささき氏。

TOP

そのあとヨドバシへ移動して生1杯と焼酎1杯をのむ。これでも合計して一人あたり3300円程度。いい感じですな。1杯分タダ券ゲットのささき氏に感謝。画像提供:ささき氏。

TOP

ほどよく酔っぱらって博多駅に着くと、人身事故の影響で下り線が抑止中。20時40分なのに19時56分の電車が出発待ち。隣には20時13分の電車が出発待ち。19時56分の電車は激しく混雑しているので比較的少なめの20時13分に乗車。21時前後に白いかもめから動き出し、両列車とも続行で運転。21時40分過ぎに無事帰宅。


6月3日  晴れ 残業

7時起床。残業枠は少ないけれど、今日の仕事は残業しないとこなせないかも。むむー。

というわけで非常に忙しい一日。そんな中、やってくれますな、三菱自動車。昨日大々的な大量リコールをぶちかましてこれでおわりとしておいて、今日になってまた追加で別のリコール大会ですか。もうねー、馬鹿かとあほかと。

やけくそになってきたのかねー。でも、まだこれだけじゃ終わらんのだろうな、きっと。2度あることは3度あるというけれど、これでもう何度目になるんだか。リコールとして発表するということはそれまでに事案を検討しているということなのだから、今現在えられている不具合情報にどのようなものがあるかが問題なんだな。それを重要と判断して検討しているか、重要でないと判断して処理しているか、そこが非常にいい加減なのでこういうことになるのだろう。今日リコール発表ということは昨日の時点でもかなりやばいとわかっていたはずで、昨日の時点ではまだ「問題ない」「隠し通せる」と思っていたのだろう。これだけ問題になっている状況でもまだ隠しているのか。本当に製造業として存在価値は無いな。こんな状態では再建なんてどうころんでもありえないはず。やっぱ廃業だろ。

今夜のメニューは酢豚・イカの七味焼き・パスタサラダ・おにぎり。まるで酒を飲むことしか考えてないようなメニュー。


6月4日  晴れ 週末

6時50分起床。ようやく金曜日。定時にできるといいなぁ。

がんばれ野党。なんかもうねー、あんたら国民の代表なんだからちゃんと議論してくれって感じなんだけど。強行採決しないと採決できないような内容は審議に値しないんじゃないの?ちゃんと練り直せよなー。野党も闇雲に反対するんじゃなくて「なぜ反対するのか」「ではどういう案があるのか」ということをしっかりしてほしいものだ。

馬鹿米国のせいでガソリンの値段がたかくなったねー。6月にはいって軒並み値上がりしているようだけれど、いつも行っているセルフはハイオク/レギュラーが112円/102円だったのが119円/108円と非常におおきな値上がりとなっていた。こりゃたまらん。通勤途中にみかけるGSはここだけなのでここの金額しか知らないけれど、この週末は他のGSがどのようになっているか確認してみよう。きっと高いんだろうねー。こんなんじゃぁ外出するのも億劫になるな。

やってられないので定時であがり、ささき氏・えいちゃんとヨドバシ方面へ繰り出す。ダメ人間集合。

今日もデジカメを忘れ、ささき氏から画像の提供を受ける。今日の画像もすべてささき氏提供。これは丸腸のからあげ。

TOP

やはり刺身は美味しいな。

TOP

食べ終わった後は頼んでからあげに。骨までばりばり食べれるぞ。美味じゃー。

TOP

結局今日は生を5杯ものんでしまう。


6月5日  晴れ 連休

7時起床。やはり黒酢を飲むと酒の抜けが早いな。

朝からメールチェックすると昨年結婚した櫻井氏がツアーで九州入りするとか。早速携帯メールで確認をとるとどうやらJRとバスのツアーの模様。急遽迎撃計画をたてる。その前に洗車を始めると、ボンネットに傷があるのを発見。どうも最近は治安がよくないのう。というわけで洗車後コンパウンドで気合をいれて磨いたら目立たなくなった。しかしむかつくのう。

とりあえず気をとりなおして10時半に出発。おそらく昼食場所はここだろうとあたりをつけてはりこむ。

TOP

続きは、ここ


6月6日  晴れ ミニオフ

7時起床。やはり黒酢を飲むと楽だ。

13時前に実家を後にし、大塔へ。おっとこのプリメーラは。

TOP

続きは、ここ


6月7日  くもり 出勤

6時半起床。今日からまた仕事。今週は後半から忙しさが炸裂しそうだ。

金曜はあれだけ飲み食いしたにもかかわらず、3人で8000円ちょっとにおさまった。衝撃的に高い飲食費を予想していただけに逆の意味で衝撃的な会計。ささき氏提供のタダ券と生ビール半額キャンペーン併用がきいたな。これだけで4000円近く(!)安くなった計算になるぞ。しかし飲みすぎ・食べすぎには注意せねばなー。

その翌日は夕方を目安に奥さま実家へ帰るだけの予定であったのだが、まさかオフになるとはおもわなんだ。寝る前に黒酢を飲んで朝も起きぬけに黒酢を飲んで体調が余裕であったところにメールで第一報。旅行に来ることが予想外でありそれが団体ツアーだというのがさらに予想外。

2泊3日で阿蘇・霧島方面のツアーときけば飛行機で福岡か熊本に入り鹿児島か熊本から出るようなプランだろうと推測するわけだが、続報のメールによると「のぞみで移動中」というどんでん返し。さすが元鉄道研究会会長(関係ないか)。ルート案内によると小倉からバスで移動し昼食をとったあとに柳川で川下りだとか。ということは昼食・休憩場所が北九州と柳川の移動途中となる。すると、小倉が10時で柳川が13時過ぎなのでランチタイムを考慮すると11時過ぎに福岡周辺か13時前に八女方面である可能性が濃厚と推測。ツアーパンフにのっている昼食場所の名称を頼りにgoogle先生に相談すると、その場所は太宰府から小倉への移動でも使われているらしいことが判明。ということで八女方面のセンが消える。しかし、詳細は不明。とりあえず北九州だと今回の昼食には早すぎるので福岡の可能性がますます濃厚に。移動途中に立ち寄るということは、高速からそんなに遠くない場所であろう。福岡で高速から比較的近く、多くの観光バスと団体客をさばけてみやげ物を置けるところといえば観光会館の可能性が極めて高くなってきた。そこであたりをつけたところ見事正解だったという成り行き。場所がうちから比較的近いこともあり、時間の都合もどんぴしゃでよかったのが幸いってところか。しかし双方ともに予想外の展開だな(笑)。

それにしても偶然とは恐ろしいもので、今回は酒を飲む→轟沈→翌朝爆睡・二日酔い→夕方復活・高速で帰省となりかねなかったのだが、酒を飲む→帰宅して黒酢→翌朝すっきり→メールチェック→状況整理→洗車→オフ→下道でのんびり帰省という理想的な行動がとれた。つまり、黒酢さまのおかげで上手くいったようなものだな(笑)。

2泊3日とのことなので帰りは本日月曜日。つばめ体験乗車ですか。よろしいですなー、さすが結婚一周年。列車の時間を確認するとリレーつばめからレールスターに乗りかえですか。なんや、ちょうど定時であがれたときの帰宅時間くらいか。これまたすごい偶然やねー。こうなったら見送りにいくしかないか。

というわけで定時後はそそくさと撤収して博多駅へ行き、新幹線改札コンコースへ。すごいみやげだな(笑)。

TOP

無事にお見送りしてお別れ。2泊3日の旅行、おつかれさまでした♪

TOP

わかれた後はいつもどおりJRで帰宅。さっそくさつま揚げをいただく。

TOP





今日はさらに朗報が。拘束型心筋症で苦しんでおられるひかるちゃんへの寄付が最低8000万以上必要といわれていたところに大口の協力もあってなんとか1億以上集まり、無事に手術へむけて渡米できるとか。よかったよかった。ほんのわずかしか金銭的な支援はできなかったけれどそれでもご家族のかたのお茶代くらいには役に立つだろうか。手術はまだ順番待ちで何より適合するドナーを待たなければならずまだ先になるだろうけれども、ひとまず進展があったことを素直に喜びたい。実際にはあかの他人のことではあるけれど、わずかばかりの募金とURL紹介(リンク)で微力ながら支援できたかもしれないとおもうと、やはりうれしいものだ。こういうことがあると他人とのネットワークによるコミュニケーションも悪くないと思うな。ゆがんだ情報処理をしないというのが大前提であるけれど。


6月8日  雨 眠い

6時50分起床。朝から雨は憂鬱になるのう。それでも今日は比較的涼しいので通勤が楽。これで湿度が低ければいいのだけれど梅雨時期の日本にそれは酷な注文か。

イラクで命をおとされた橋田さんと小川さんがようやく荼毘にふされた。ご冥福をお祈りしたい。しかし今回の事件できわだっていたのがご家族の方々の気丈な対応ではなかろうか。覚悟をきめていくというのはこういうことをいうのであろう。こういう方がなくなられて世の中をなめきっていた連続拘束事件の3人がのうのうと解放されて自分勝手な主張を繰り広げる世の中というのはなにか間違っているような気がする。三人ならびにその家族は橋田さんのつめの垢でも煎じて飲んでいただきたいところだな。でもそんなことするとつめの垢がもったいないか。そういや3人はなにやってんのかね。独善的な執筆活動でもしてるんかな。でもその3人より強烈なのはやっぱり追って拘束された市民団体メンバーか。拘束されたことで国に損害賠償をもとめますか。そうですか。あーゆー活動家の人たちの思考回路は私には理解できない。自分らの主張に特化して超越した思考回路をお持ちのようだ。そんなことしてたら自分たちの活動に対する多くの国民の理解を失わせる結果につながりかねないというところにまで理解は及ばないのだろう。平和ボケっていいな。狭い思考回路をもつと大変ねー。自分も気をつけよう。

三菱は、ふそうでまたまた隠しネタが大量に出てきたんですな。まだ隠し続けていたということにはもうあきれるほかないな。神経が図太すぎるというか、恐ろしく何も考えてないというか。隠し通せるとでもおもったのかねー?なんといわれようとも体面第一主義であることに変わりがないということがよりいっそう明白になっていく。こんなんじゃぁ三菱自動車もふそうも月間の登録台数より抹消台数のほうが多くなるのも時間の問題じゃないのかね?まじで。顧客のことを考えず、自社の体面とグループ内のメンツだけを考えていたことが明白になった会社に存続意義はなかろう。目先の問題を隠すことに必死で発覚したときに自分らの評価がどうなるかということまで思いが至らないのだろう。三菱も活動家も本質的に同じということか。

さらに三菱重工では硫酸たれながしですか。大胆不敵な会社グループだな>三菱。ネタ提供しすぎ。閉め忘れて帰宅って、なんやそれ。朝4時に気がつくってのも不思議だな。

TOP


6月9日  晴れ 定時

6時50分起床。今日は定時日。早く帰れるだろう。久々にSCAN作業でも再開するかねー。

車両火災が発生しても原因究明しない会社の車が公道を走っていることが驚きだ。ちょっとますます近寄りたくないねー。後ろから走ってきたら追突されそうに思えるぞ。まじで。追突されて炎上でもされたらもう洒落にならんっちゅーわけですわ。こないだも混雑した峠道の下りで三菱の軽ワゴンが車間距離つめて走ってたのよねー。いい気はせんわな。馬鹿がつくる車に乗る馬鹿な運転手。こんなに怖いものはないな。

与党が年金関係で暴挙にでているけれど、これを機にまきかえそうとする野党は代表が過去に兼職してたんですか。知らなかったなんてあるわけないだろうにねー。「学生時代の年金支払い有無問題」と「国家公務員法違反」じゃぁ、どうみても後者のほうが分が悪いよなー。こんなんじゃぁ選挙でも野党へ投票する気がなくなってしまうぞ。消去法でいくと与党にせざるをえなくってしまうではないか。しっかりしてくれよなー。まだ選挙はしばらく先なのでどこに投票するかはしばらく考えよう。理想論ばかりではなく現実をまじめに考えたまともな政党はないのかねー。

TOP


6月10日  晴れ 年休

7時半起床。本日年休。SCAN再開。

とりあえず天気がいいので9時半に出発し、先日できたダイヤモンドシティへ。

TOP

店内を徘徊し、所用の買い物をすませてはやめの昼食。山頭火のとろ肉ラーメン。98年に本店で食べたときにはとろ肉が品切れだったので、6年ぶりのリベンジ。美味しいけれどさすがにこれだけ肉があったらお腹が膨れますな。

TOP

帰りはのんびり空港方面へ。

TOP

せっかくなので国際線にも立ち寄ってみる。

TOP

帰宅し、買ってきたシュークリームをたべてみる。すごいボリュームだ。

TOP


6月11日  くもり 台風

7時起床。台風の福岡直撃はさけられたようだ。よかったよかった。

昨日が年休で休んでいたのでなんか今日が月曜のように思えてくる。でも金曜なのでなんとなく得した気分になるな。天候もなんとか回復しそうでよかったよかった。

先日長崎県の佐世保で発生した小学校での小学生による小学生殺害事件、事件以来いろいろ自分なりに考えていたんだけれども「動機が単純すぎて理解できない」とか「子供の心の中の闇が・・・」とかいったことをしゃあしゃあとかたる解説者とか多いよねー。そんな分析をしている時点でこの事件の本質はみいだせないんじゃないかねー。小学校6年生といえば、大人が考えているより本人はずっと大人になっていると思うぞ。子供じみたところは残っていても、考え方や判断力は「大人が勝手に想像する小学生像」よりずっと高度で複雑で一筋縄ではいかないはず。「小学生だから・・・」「小学生なのに・・・」と考えているようでは解決することはあるまい。WEB上で比較的短期間の間にいろいろなやりとりがあり、それが最近特に続くようになって許容範囲を超えたんだろう。もともと仲がよかったのであればなおさら怒り・恨みも倍増しようというものだ。昔の子供だったらここで殴り合いのけんかとかになるんだろうけれど、人殺し情報があふれている今の世の中にあっては喧嘩という泥臭い状態を通り越して手っ取り早く簡単なカッターによる殺人という手段を選択するのもそう不自然ではなかろう。

今の、特に30代以上で地方出身の男性だったら、小学生のころの学校帰りに蛙と爆竹で遊んだ記憶があるひとも多いんじゃないかと勝手に推測する。実際にやってはなくても友人がやっているのを見たことがあるという人は多いだろう。「蛙 爆竹」ときいただけで、どういうことがなされるか想像できるよな。似たようなものでは「蛙 ストロー」なんかもあるな。爆竹に比べたらだいぶかわいいもんだけど。それらと同じような感覚で殺人に至ったとしてもなんら不自然なところはないように思えるぞ。殺したいというほどの恨みをもっているならばなおさら。

で、今回の事件では切りつけたあと15分ほど死ぬのを待っていたということらしいが、本当なのかねー。確実に息の根をとめるために15分ほど切り口を広げていたというのが真実じゃないかねー。んで疲れてやめたとか。救急隊が搬送を即座にあきらめるような状態ということはただ単に「カッターで切りつけて」血管を切られた程度なんかじゃなさそうだよなー。首を切られて血の海になっていたであろう。10cmくらい切っているということは、長さが10cmなのか深さが10cmなのかでおおきくかわってしまうよねー。深さが10cmだったら首の骨しかのこらんよね。それだったらさすがに救急隊でも搬送をあきらめるだろう。長さが10cmとしても小学生の首で横だったら半周近くするだろうし、縦だったら頭のつけ根から鎖骨あたりまでいきそうだ。加害者がかなり血を浴びていたんだからそれなりの血管を傷つけているわけで、それならばそれなりの力で切りつけていると推測できるから事実上の即死に近い状態(即死ではないけれど救命の可能性が事実上ないような状態)だったんではないだろうか。救急隊員が搬送を断念する条件はいくつかあるようでそのすべてを実行しているわけではないということが問題になっているようだけれど、そこまでばっくりいっていればさすがに救急搬送はなされにくいかも。いずれにせよ、現場は相当な修羅場だったに違いない。何も知らずに見たらトラウマになりそうだ。

中には「子供に人を殺すことの善悪の判断ができるのか?」という意見もあるようだけれども、その考え方でいえば「大人は善悪の区別がつく・だから殺人を犯すことはない」ということだよな。そんなわけなかろう。子供であっても小学6年生にもなっていればそのくらいの分別はつくよ。自分が小学生だったころを思い出せばよかろう。あなたは人を殺していいかどうか、そんなこともわからんような小学6年生だっただろうか?人を殺す方法をまったく知らない小学6年生だっただろうか?子供のつくりかたはよく知らなくても殺し方は知っていたんじゃないだろうか?もし殺人の善悪がわからないような子供なのであれば、それは学校教育の問題ではなくそれ以前に親が基本的な教育を根本的に怠っていたか、子供の頭の中が壊れて普通の生活をおくることが困難なほどの問題がある状態ということだろう。ただ単に壊れかけとか壊れているとかいう状態であればまだ普通の生活を遅れるだろうし、つまり後者は隔離されなければならない状態を意味する。しかしそんな状態ではなかったようだもんねー。精神鑑定をやるとかいっているが、今の世の中まじめに答えるとかなり多くの人が鑑定で問題ありとなるんじゃないかねー。個人的には昔、大学を卒業してお手伝いの時に隔離されたひとたちが入院している病院へいったことがあるけれど、いろんな意味で荘厳な光景が広がっていたぞ。人権問題にかかわりかねないので詳細は書けないけれど、そこまで壊れていれば殺人の善悪がわからなくても不思議ではないと思うのが正直な印象だな・・・。

ふと思い出したけれど、だいぶ昔に金属バット殺人事件とかあって世間に激しい衝撃を与えていたよねー。最近の犯罪から考えるとかわいいもんだよなー。今の世の中はナニが正常でナニが正常でないのか、そのあたりがまったくわからなくなってきているようだ。根本的には親の家庭での教育の影響が大きいとしか思えないぞ。親になっているわけでもない自分がこんなことを書くのは生意気かもしれないが、こういう意見を「子供がいないから勝手なことがいえるんだ」と切り捨てるようであればその人はすでに教育を誤りはじめているんじゃないかとおもう。まあ人にはいろいろな意見があるのでそういう意見を完全に否定する気はないけれど。いちど冷静に考え直してみる必要はあるだろう。「子供だから・子供のやることだから」という免罪符のようなひとことですべてを片付けようとしてないだろうか?

結果として親は被害者であり、同時に加害者でもあるだろう。悔やんでも悔やみきれない現実が残る。人生って、残酷だ。






結婚して丸4年が経過し、5年目の初日にいったい何を書いてるんだか>わし。でも将来のことを考えるとどうしても避けては通れない問題のような気がするのだ。

TOP


6月12日  晴れ 晴れた

7時40分起床。朝から爽やかに晴れた。激しく日焼けしそうな空模様。

洗車をし、10時半に出発して甘木方面へ。甘木鉄道を鉄してみる。

TOP

そして、本日の目的地、Dai@さん新居へ到着。いやー、すごいですなぁ。

TOP

いやー、すごい駐車場ですなぁ。

続きは、ここ


6月13日  晴れ 青空

8時半起床。昼過ぎに実家を出発。

久々に海へ向かってみる。おお、やどかりが。

TOP

波があるもののいい天気ですな。

TOP

松林を抜けてドライブ。

TOP

のんびり走って夕方帰宅なり。ふぅ。


6月14日  晴れ 出勤

6時50分起床。だんだん忙しくなってきた。

最近まわりで引越しの話題が多くなり、必然的に興味をもってしまう。やはり、自分の家があるというのはいいですなぁ。マンションしかり、一戸建てしかり。アパート住まいの身としてはなんとかせにゃいかんなぁとつくづく思うよ。でもこればっかりは急いでもしかたがないしねー。まあいろいろ考えよう。

TOP


6月15日  晴れ 今日もいい天気

6時50分起床。今日もいい天気。梅雨とは思えない。この天気の裏返しでまた梅雨明け前に大雨なんかなければいいけど。また今年も博多駅は水没するのかねー。去年は出勤でない土曜日だったので助かったけれど、数年前みたいに通勤時間を直撃されたらかなわんよ。あのときは会社には到着しても外にでれなくて仕出しの弁当屋さんも渋滞で配達できず食堂も食材が来なくて慢性的な食糧不足に陥ったのをおもいだしてしまう。博多湾の埋め立てにともない潮流が変わって河川や河口への砂の堆積もすすんでいるだろうから年々洪水の可能性が高くなってるとおもうんだけど。いくら対策工事をしても上流ではダムが放水するんだから処理できないあまった水はあふれるしかないよねー。去年も早朝に近所のダムが放水し、その1〜2時間後くらいから博多駅周辺に地底湖が出現したはず。すごい雨やったもんねー。

三菱ふそうは大方の予想を裏切らず、あいかわらず不具合を連発中。シャチョーさんも大変やねー。ズタボロな会社のトップにさせられて改善をはかりはじめたら過去の不具合が次から次へとまさに続出。正直「俺は悪くないー!」といいたいところだろう、きっと。それをいわないところが雪印と違うところか。雪印は内容こそ違えど、自分も被害者のような発言をしてたもんなー。会社のトップがあれではだめだろう。その点ふそうは社長がまともであるけれども社員がどうしようもないのでこれはまた別の意味で再起不能だな。大臣にも「安全策は乗らないこと」といわしめるほどのボロ車。設計不良のオンパレード。合掌。

現実問題として設計不良をゼロにするのは厳しいものがあるだろう。しかし、不良が発生した場合にどういう対応をとるかで大きく事態はかわってくるはずだ。普通は市場で不良が発生したら原因を解析し、再発の可能性や発生率を予測して適宜修理対応としたり回収したりするわけだけれども、それを根本的に怠っていたというのだからあきれはててしまうのだ。ヤミ回収でもしっかり回収していればいいものの、途中でやめてしまったりというところが信用できないところなのだ。そしてなによりこの期に及んでとめどなく隠蔽情報が流れてくるというのがまたなんとも。まあ普通に考えれば改革が進んで隠していた部分があらわになってきたと解釈するんだろうけれどもこの会社は過去に同じことをやって大問題となり、その対応として全面改革を宣言していたという輝かしい実績を残しているというところが最悪。4年前の改革の時期にこれらの内容はあらわにされるべき問題であり、いまさら情報をだしたところで時すでに遅しとしか言いようがない。覆水盆に帰らずとはよく言ったもので今になって情報を小出しにしはじめても信用は戻らない。もちろん今車を使用している人のために情報を出すことは非常に重要だけれども、将来の発展の道は閉ざされてしまっただろう。これからは回収・修理・謝罪・補償だけを会社の存続するかぎりやるしかないだろう。

この期に及んでまだふそうと自動車は別会社だから自動車は問題ないと考えている人もいるようだけれど、本気でそう考えているのだろうか?だとしたらかわいそうな人だ。事故をおこす前に三菱の車を選択肢からはずすことを強く願いたい。いくら安くなったとしても、整備していながら設計不良で部品が壊れ、交換しても壊れ、リコール修理をしてもその部品が不良なんていう車に乗るというのはちょっと考え物だろう。三菱車ファンにはコアなひとが多いのでなかなか離れられないだろうけれど、自分の命・他人の命のどちらも大切にしたほうがいいと思うぞ。最近の車ではあまり不具合情報をきかないけれど、全面改革の象徴のような軽自動車においても新車でタイヤが走行中に外れるんだし。

金で命は買えないよ。

TOP


6月16日  晴れ 定時日

6時50分起床。やっぱりいい天気。絶対梅雨空じゃないよなー。

この時期の青空は、空気がきれいで抜けるような色になりなかなか気持ちがいい。肉眼で見た色自体がRVP色といえばわかりやすいか。あ、RVPを知らない人にはわけがわからんか。フジのベルビアというリバーサルフィルムで原色系が特に鮮やかに発色するやつなんだけど、ほんとにそんな感じの空の色だ。これが梅雨明けして真夏になると空気が濁ってきて水蒸気量も多くなる影響なのかだんだん白っぽくなってそんなにきれいじゃないのよねー。そして8月の終わりくらいになるとまた抜けるような色になり、秋へと向かう。ベルビアの季節。でもRVP100が出たくらいから色の傾向がますます派手になり、ちょっと違うようになってきたのよねー。プロビアとの性格分けを明確にしたのかもしれないけれど、青〜紫の発色がかなり不自然に感じられるようになってきたので最近は使わなくなったねー。なのでプロビアばかり使用している。もともとコダクロームが好きだったけれども、ここ数年は色のばらつきがひどい上にフィルム・現像ともに割高で、地方在住者には約1週間の納期というのも致命的。きれいに決まったときは抜群の仕上がりになるけれど、さすがに最近は興味がなくなってきたな。うー、こういうことを書いていると、どこかへ撮影に行きたくなってくるぞ。

取り返しのつかない状況下においてまだなおリコール情報が泉のように湧き出てくる三菱は、ふそうがついにISO9001の認証を取り消される方向ですすんでいるんですか。意義の申し立てようがないだろうから来月にはおそらく取り消されるのだろう。致命的な処置ですな。ダイクラも今のうちに縁をきったほうがいいんじゃないのかねー。認証をとれないということだけでじゅうぶん取引対象から外されやすいのに、取り消されたとなったら洒落にならんくらい悪いインパクトがあるよねー。自動車も海外での販売は比較的堅調との情報があるけれど、国内メーカーが国内で売れなくなったら終わりだろう。海外の売り上げで国内の損失をカバーできるのならば、これ以上傷口を広めないうちに国内から撤退してほしいぞ。事故に巻き込まれたらかなわんし。海外も撤退するべきなんだろうけど現地で問題なく売れるのであれば撤退はないかなただ国内向けがことごとく不良だらけで海外むけはまったく大丈夫なんてこと、ありえないと思うんだけど。

給料カットや賞与カットがおこなわれるということで、関係ない部門で働いている人はたまったもんじゃないだろう。でも、まあ仕方がないですな。給与カットは一律5%なんてけち臭いこといわずに一般社員5%・係長クラス7%・課長クラス25%・部長クラス45%・それ以上は60%カットくらいでいいんじゃないかねー。そうそう、CSや品質管理部門はそれぞれ+10%くらいの削減はされてしかるべきだとおもうぞ。でも下請け業者なんかも同時に経費削減の影響をうけてかなり叩かれんだろうねー。たいへんだー。

TOP


6月17日  くもり 忙しく

6時50分起床。忙しくなってきた。今週は土曜も出勤予定。ふぅ。

久しぶりに銀行経由で出勤。通帳記入をおこなう。やっぱりめんどくさいねー。この銀行はネットバンキングの使用料が月額105円かかるのでいまいち使う気になれなく、最近は家賃や公共料金の引き落としにしか使用していない。105円って、いったい何年分の利息になるんだか。給与振込口座にもしていないので公共料金支払いを別の銀行にうつしてこの口座を閉じてしまってもいいけれど、いちおう地場大手なのでATMや支店の数が多く、とりあえず保持している状態。もちろん定期預金なんかもしていない。

それを考えると新生銀行はネットバンキングが基本となっており、IYバンクのATMで24時間取引手数料無料で使えるのが非常にありがたい。全国的な普及度はまだ高くないけれど、少なくともここ福岡ではIYバンクのATMが多数あるので非常に便利だと痛感。手元に現金をあまりもたなくても、いつでも引き出し・預け入れができるので便利ですな。ネットバンキングだと他の銀行への振り込み手数料も無料というのが非常に魅力的。おかげで飲み会の清算なんかも最近は誰かがカードで支払って銀行振り込みだ。数千円ならまだしも数百円とかの清算でも1円単位で振込処理(笑)。銀行からしてみたら嫌な客かもしれないけれど、便利に使えていいものですな。

これで利息が高ければ文句がないけれど、普通預金の利息は他行と同等レベルなのが惜しい。でも定期預金は高めだな。などと考えていたら、IYバンクは普通預金自体の利率が他行の定期預金以上なんですか。定期並みの利率で使い勝手は普通口座並み、これはいいな。定期のかわりに口座を開設したら意外に使えるかも。手数料無料の範囲に制限があるので頻繁に使う用途にはむかないけれど、定期の代わりだったらよさそうだな。

TOP


6月18日  くもり 週末

6時50分起床。ようやく金曜日。明日も出勤と考えたら気が重いな。しかも日曜から月曜にかけて台風が接近となるとまた憂鬱さも倍増しようというものだ。しかし梅雨にしっかり雨が降ってないと夏に水不足が顕著になるため難しいですな。

三菱のトラック、長野に続いて四国でも続いて燃えているようですな。まさに走る火の玉三菱トラック。修理してさほどたってないのに炎上とはまた大胆不敵。高速なんかで渋滞にはまっているときにうしろから火の玉トラックが接近してきたらなかなか怖そうだ。やはり運転しないのが最善の策なんだな。といっても自家用車だったら早期に買いかえるなり公共交通機関を利用するなりで避けることは出来るけれど、トラックだとそうはいかんよねー。かといって運転手や周辺のドライバー・歩行者・住人を恐怖に陥れながら走らせるというのもちょっとねー。なんとかならんもんなんかな。どうせつぶれるんだからいまのうちに下取・他社買い替えを推進したほうがいいんじゃないかねー。

でも、リコール対象であって実際に修理が追いつかず、事故も続発しているのだから運行禁止令でもだして三菱の車を走行させないようにしないとあぶなくて仕方がないんじゃないかねー。リコールを発表しても対策部品が4ヶ月待ちだなんて、冗談にもほどがあるぞ。結局それまでリコール対象車は放置プレイですか。自分の命が惜しいならばやはり三菱の車には乗らないという選択肢しかないですな。運送業などの事業者も社員の命が惜しければ可能な範囲で三菱車の運行を停止して別の車種でまわすようにしないと、「欠陥車を運転させた」として業務上過失致死傷かなんかに問われかねないんじゃないかねー。

ただ、ここ最近特に三菱車における実際のトラブルが新聞やニュースをにぎやかにしているけれど、なんか不自然やのう。いつ発生してもおかしくないのにリコール隠し騒動になったとたんに事故報道連発かよー。実際には報道されてない部分でもかなりあったんじゃないのかねー。原因究明がされてなくて運転手のミスということにされた事例がかなり多いんじゃなかろうか。疑心暗鬼。

TOP


6月19日  晴れ 休日出勤

6時50分起床。今日は休日出勤。定時後に出かけるので電車で出勤。軟弱なので駅までバスに乗る。さすがに土曜のこの時間ということもあって余裕で座れますな。電車もなんとか座れたので楽チン出勤。

しかし本当に毎日三菱関連のニュースが流れてますな。トラックは高速で追突事故を起こしたあと無人の状態で2km暴走とか、乗用車はデリカが炎上とか。まったくよく燃えて激しいアクションをおこす車ばかりだ。

デリカは個人的にスターワゴン時代は黒煙以外悪くなさそうだと思っていたけれど、スペースギアになってからはまったく魅力がなくなってしまった。スターワゴン時代からその車高の影響で転倒しやすさが問題にされていたけれど、フルチェンジしてスペースギアになってからは縦長レイアウトになってますます転倒しやすいスタイルになり、黒煙もあいかわらずひどくて絶句したものだ。ディーゼルを選択する人の多くは走行距離が多いことによる燃料費の節約が目的の場合が多い(クロカン目的だったらトルクの太さとかが目的かな)とおもうけれど、そういう人は概して整備に無頓着で黒煙ふきまくっても自分にかからないから問題ないと考えているようで閉口する。転倒して一番怪我しやすいのは同乗者だろうけれど、周りを走る車も道路をふさがれて迷惑なので勘弁して欲しいなぁ。まあ、いままでにデリカが横転しているところに遭遇したことはないけれど、車が横転している現場自体がそうそう見かけるもんじゃないもんなー。とりあえずデリカや縦長の車に乗ってる人はどうか特に注意していただきたいものだ。

一連の不良に関しては「重大事故が発生したら対策を考えようと思っていた」という思惑もあったようで、絶句するしかないですな。「誰か死んだらどうるるか考えるよ」といってるようなものだもんなー。設計不良があったら重大事故が発生する前に早いうちにリコールなりサービスキャンペーンなりで対策をうつのがメーカーの責務だと思うんだけど、巨大グループ企業ではこの考え方は通用しないのだろうか?謎だ。すくなくとも三菱は私の理解を超越している会社のようだ。




休日出勤ということもあってなんとか定時であがり、久々に鉄なべへ。ダメ人間の会で集まる。

昼間からすでに飲みまくって酔っぱらい状態のささき氏・かわの氏と合流し、博多駅から歩いて鉄なべへ到着。しかし体が溶けそうな気温の高さとまとわりつくような湿度の高さはなんとかならんもんかねー。

TOP

続きは、ここ


6月20日  晴れ 暑い

8時20分起床。嵐の前の静けさなのか、非常にいい天気。日差しが強くて暑すぎ。

11時前に買い物に出かける。昼食をとるべく久々に亜橋へ。

TOP

やはりボリュームがありますな。もちろん味もいいかんじ。

TOP

美味しいカレーを爆裂に食べ、買い物をして帰宅。しかし暑すぎ。37℃って、ナニ?

昨日も帰宅してからみたけれど、ここ1ヶ月ほどエンタの神様にはまっている。これをみないと土曜の夜にならないような感じ。このなかでも夫婦そろってナニにはまっているかというと・・・ 波田陽区。googleセンセイにきいてみるとこんなところ。9000件以上引っかかるとこがすごいな(笑)。でもさすがにblogばかり。しかし探しているとネタ集のページがあったりしてこれが一番わかりやすいか。解説ではこのへんか。しばらくのあいだ要注目だな。


6月21日  くもり 台風

6時50分起床。台風が東にそれているので比較的穏やかな朝。進路方面のかたはご注意くださいませ。

風はそれなりに強いものの電車もほぼ定刻で普通に出勤。小雨は降っていたもののたいしたことはなく無事に到着。到着後しばらくしてから雨が強くなり、あぶないところだった。それにしても昨日の暑さが嘘のように今日は涼しく感じる。昨日が尋常でない暑さだっただけにねー。まだ6月なのに37℃ってどういうことよ?近所の西友へ買い物に行こうとしたけれど大混雑でそそくさと撤退。みんなきっと避暑にきていたのだろう。

西友でこれだから、近くにライバルがないゆめタウンや映画館のあるサティ、まだ新しくて何でも揃っているダイヤモンドシティなんかはかなりすごかったんじゃなかろか。夕方になり、歩いて再度西友へ出撃したけれど、その時間でもなかなか混雑していたようだ。こういうときに歩いていける範囲にお店があることのありがたさを感じるな。でも歩くと暑いのでなんともいえないか。

今週からしばらくの間、かなり忙しくなりそう。今日の時点ですでに業務が山積み。むむむー。

TOP


6月22日  くもり 涼しい

6時50分起床。今朝も涼しい朝。毎日このくらいなら快適なのに。今週から一気に仕事が忙しくなってきたのでサービス残業強化月間開始の状態。しんどいのう。まともにつけたら今週の超勤時間だけで今月の枠をつかいきるようなペース。ふぅ。

また三菱のトラックが燃えたんですか。ミニキャブはプロペラシャフト脱落ですか。こんな短期間にトラブルが各地で続発するということは、やはりなにかタイマーでも仕掛けてたんかいな?夏に向けての花火?検査あがりの車でよく発生してるんじゃないのかねー。神戸ではこっそりリコール対象外のキャンターも燃えてるし。リコールのリコールとかなるのかな?わけわからん状態になってきそうだな。これもこっそりヤミ改修した部品の不具合だったりして。真相はわからんけれどなんか非常に怪しいぞ。

保険会社は過去の事故を再調査して車の不具合によるものだったら三菱に請求する方針をだしているようだけれど、まあ当然だろ。しかしそれで最初にアクションをおこしているのがA損保というのが笑えるねー。加入者から高い保険料をまきあげているのに被害者に対しては対応も遅く支払いもシブりまくっているところだもんな。そりゃーこういうアクションをおこすのは得意だろう、きっと。しかし過去の損害賠償がどこまで認められるのかねー。事故当時の証拠はもう残ってないだろうから当時の記録をもとに原因を再分析するんだろうけれど、どこまでわかるんだろうねー?これで複数の事例が認められてくると三菱の再建計画もまた怪しくなったりして。

保険といえば、今回燃えたトラックは大村から東京方面へ宅配便を運んでいたらしいけれど、荷物も燃えてしまったらしいので送ったほうも送られたほうもたまったもんじゃないですな。やはりこういう不測の事態にそなえて荷物を発送するときにはしっかり保険をかけるのがいいのかもねー。運送会社は信頼できても使用している車が信用できないんじゃ意味ないもんなー。

三菱は再建計画をぶちあげて動きはじめているようだけれど、百歩譲って性能もデザインも良くて安くて壊れない車がつくれたとしても、信用がなければ売れないと思うんだけど。そのあたりの読みを完全に誤ってるようですな。さすが財閥系、天狗になっててユーザーの心理まで思いが至らないようだ。

TOP


6月23日  くもり 定時日

6時50分起床。今日は定時日。サーバーが停止するので19時前には帰れるだろう。帰れるといいなぁ。

昨日も結局仕事が終わるのは22時前になってしまい、帰宅したのが23時過ぎ。この時間になってくると駅やコンビニなんかにもアホガキがふえてきて鬱陶しいな。どうみても中学生〜高校生くらいの年代の若いのが原付で集まってたむろしてたり。親はいったいナニを考えてるんかねー。まあ何も考えてないのだろう。子は親を見て育つというし、まったくもってあきれるしかないな。歩きタバコや禁煙場所で喫煙したりする大人が多いのだから、その子供がどうなるかは想像に難くないだろう。世も末にむかって邁進中ですな。ふぅ。

仕事は当分の間この忙しさが続きそうな気配。無理が通れば道理が引っ込みまくる状態が続く。むぅ。せめて残業代くらいそれなりにちゃんと支給してくれー。一週間で使い切るくらいの残業枠しかないってのはどういうことなのかねー。

TOP


6月24日  くもり 下り坂

6時40分起床。今日から天気が下り坂らしい。むー。

と、ここまで書いて出発しようとしたら、雨。憂鬱。しかし梅雨のこの時期にしっかり雨が降ってくれないと梅雨明けしてから水不足がやってくるんよねー。しゃーないか。

連日炎上ネタをばら撒いている三菱だけれども、また昨日もあったんですか。リコールするべき不具合も対策がなくてリコールにすらできないなんて、ちょっとやばすぎでしょ。さらにリベロはテールゲートがギロチンチョップだったんですか。それが原因で怪我をしても事故にはあたらないと考えていたというのが三菱の言い分なわけで、すごい理屈だ。まあ走行中は閉めているから走行不能な自体に陥る不具合とはたしかにいわないし走行中に危険な状態となるわけでもないけれど、あまりにお粗末。怪我をした人は不幸だったとしか言いようがないですな。

ここまでひどいメーカーが存在すること自体、社会悪なんじゃないのかねー。危なすぎるぞ。

TOP


6月25日  くもり 眠い

6時50分起床。昨夜も23時過ぎに帰宅したので寝たのは25時前。早寝早起き睡眠確保が必要な身としては遅い時間はやはりつらいですな。

で、昨日と同じように出勤の準備をしていると突然激しい雨が。早めに出勤したかったので昨日と同じ時間に出るが、玄関をでて100mもいかずにぼろぼろ。こりゃたまらんというわけで途中のバス停からバスに乗ろうと考えたものの、時間を10分以上過ぎても来ず。激しい雨も降り続け、さらには傘も雨漏り。これだけ遅れているということはバスも道路も相当に混雑していることが予想されるため、これ以上待つわけにもいかずに結局駅まで歩き。雨は小降りになったものの、すでにぼろぼろで疲れ果てて会社に到着。さすがにこんな状態だと仕事をする気も失せてくるぞ。

んで今日も終日忙しく、職場の飲み会にも行けず。課長まで飲み会に行ったのでチーム内のうちのグループ3人だけさびしく22時まで残業。もちろん明日も出勤。うー。普通に考えて実現することがありえない日程で仕事をさせられて、できなければ評価が下がるというのは間違ってるとおもうんだが。モラルを下げればやれないこともないけれどそんなことをすると三菱と一緒になってしまう。それは避けたいな。

TOP


6月26日  雨 梅雨

6時50分起床。今日も出勤。車でいけるのは楽だけれど、やっぱり雨は憂鬱ですな。昨夜は22時前に会社をでて博多駅までは良かったものの、電車の中で降りだし駅に到着した時点で激しい雨。悲しい思いで雨のかなを歩いて帰宅。こういうことを考えると車通勤がいいなぁ。

今日も土曜なのにめちゃめちゃ忙しいのう。

TOP


6月27日  雨 今日も雨

7時40分起床。今日も朝から雨。涼しいのはいいけれど、やはり憂鬱。こんな日はやはり出かけるに限りますな。

というわけでまた甘木鉄道を見る鉄。

TOP

続きは、ここ


6月28日  くもり 週はじめ

6時50分起床。また忙しい一週間がはじまる。

というわけで忙しすぎ。

TOP


6月29日  晴れ 忙しい

6時50分起床。昨日も結局23時過ぎ帰宅。眠い。

今日も爆裂に忙しく日記をかくパワーなし。

TOP


6月30日  晴れ 眠すぎ

6時50分起床。昨夜は寝たのが結局25時半くらいに。眠すぎ。この忙しさなんとかしてほしいぞ。


日記
2004.7
日記
Copyright (C) Hiroshi Sakamoto 1997-2004 All rights reserved
本文、写真の無断転載を禁じます。何らかの事情で転載を希望される場合は事前連絡の上了承を得てください。
リンクはまったくフリーですが、リンクをはられたかたは事後で結構ですのでご一報いただけると幸いです。

Diary | HOME
inserted by FC2 system