日記
2003年9月の日記
日記

このページの写真は特に記述の無い限り筆者が撮影したものです

9月1日  晴れ  朝会

6時半起床。今日は月はじめの朝会の日。いつも9時前に出社しているとはいえ、めんどくさいのう。

今日も残暑で暑くなりそうなので、早めに自宅を出る。7時35分に出発するも、すでに道路は渋滞中。流れが止まっていると飛び出し等が怖いので必然的に歩道をゆっくり走ることも多くなり、時間がかかりますな。で、結局8時過ぎに到着。やはり暑い。

8月は、なんとか減量のノルマ(?)を達成することができた。2週間で平均500gといったところ。平日の運動量は事実上ほとんどかわらないため、休日の運動を意識的におこなうようにしたことがきいているようだ。いままでの休日運動量がどれだけ少なかったか、よくわかる。食事も気をつかってはいるがそれなりに飲酒もしておりその割にはまあまあかと自画自賛(爆)。しかし、9月からは倍のペースで落としたいところ。飲酒量にも影響を及ぼすか?でも無理なことをすると長続きしないのは目に見えているので難しいところですな。というわけで、飲酒はほどほどに。つまみはもっとほどほどに。といいつつ水曜が春日友の会の定例会打ち合わせ(飲み会)になりそうなので、体重維持は厳しいかも。さらに来週の金曜には新人歓迎会が。その翌週には送別会があるとかないとかいう噂。むむー。

そういえば、今日は新型プリウスの発表ですな。寝る前にWBSをみてみよう。

TOP


9月2日  晴れ  暑い

6時半起床。秋になって熱帯夜が続く。

昨夜は寝る前にちゃんとWBSを見た。もちろんプリウスが目的。あのトップの口ぶりではまだとうぶん赤字なのであろうか。激しいコストダウン設計が検討されているのであろう。こういう初モノは初回生産分が得なのか、生産が安定したころのものが得なのか、見極めが難しいですな。ランニングチェンジが品質安定・向上にむかうのかコストダウン最重視に向かうのか。もちろん品質向上とコストダウンを両立してほしいけれども、ここ数年のトヨタの車をみているとあまり期待できないかも(個人的印象)。

車の外観自体は、BBSへY氏が書き込みされてたように、プリメーラみたい(悪くないけどちょっと独特?)。車庫入れのアシストなんか不要なのでもっと操縦安定性等の本質的な部分に力を入れて欲しいものだ。全体的にみてかなり魅力的ではあるけれど、ガソリン車の将来性を考えると今は時代を先取りしたハイブリッド車より刹那的にガソリン車に乗りたい気がする。ユーノスコスモなんか特にいい感じ。新車であれば衝動的に買いそうなところ。

そもそもエコカー・環境に優しいといっても、そんなのはまやかし。ハイブリッドにしようが、燃料電池にしようが、それを作る過程を考えるととても環境にやさしいとはいえないんじゃないか。環境に優しくしようと思うならば車自体に乗らないこと・買わないことに尽きると思う。移動には公共交通機関や自転車を利用するのが一番。

新車といえば、まもなく新型レガシィの本命・6気筒3Lエンジンがでますな。自分にとって一番魅力的なはずなのに、なぜか物欲が湧いてこない。なぜだろうと考えてみた。外観は従来より洗練されたとおもうけれど、ルーフレールは使いにくくなったしリアシートもなんとなく気にいらない。BG5が出たときには、リアシートの高さが高めの設定で、前方への開放感が存在していた。こういう配慮が足りないのではないだろうか?内装の品質向上もBG5Aにくらべると雲泥の差で向上していると思うけれど、なにかが足りない気がする。

昔のスバル車にみてとれていた、技術者魂(こだわり)のようなものが少なくなっているんじゃないだろうか。

もともとスバルはユーザーに媚を売ることが無く、技術の信念で車つくりをしていたような部分があったとおもう。だから売れずに会社が危機的状況にまで陥ったともいう。しかし最近はユーザー層も拡大し、営業面で一般受けする車つくりが優先されているように見える。もちろんシェア拡大には正しい方向なのだとおもうが、なにかが違う気がする。戦略的には欧州車に対抗した設定になっているようだ。雰囲気や内容的にはアウディA3〜A4や、BMWの3シリーズか。

アウディもBMWも、嫌いじゃない。むしろ、好き。でも、「それらを目指しました・並びました」なんていうのは違うんじゃないだろうか。自分が欲しかったのは日本のレガシィというものであり、欧州車(とまとめて呼んでおく)のコピーじゃない。BMWが欲しければBMWを買う。アウディが欲しければアウディを買う。コピーモノは嫌いなのだ。先代レガシィ(BH系)まではまだレガシィという独自のセグメントだったとおもう。しかし、新型は他社ユーザーをひきつけることに躍起になってレガシィというもののもっていた本質を軽んじているようにみえる。

デビュー3ヶ月経過の割にはあまり見かけないようにも思えるが、エンジンは良くなった。外観も一般受けする系統になった。ボディ幅拡大も必要十分な範囲でいいことだとおもう。でも、レガシィ・ステーションワゴンとして見た場合、物欲を炸裂させるにはなにかが足りない。とりあえず3Lがデビューしたら、試乗したい。試乗することで物欲が炸裂するのか、萎えるのか・・・。

TOP


9月3日  晴れ  残暑

6時半起床。残暑で今日も暑くなりそう。新聞で、体育大会の練習中に熱中症で17人が倒れた高校の報道があった。しょうがねーなーと思いながら記事をみると、自分の母校ではないか。なんとなく、納得(謎)。

体育大会といえば、当時、生徒会で体育大会の競技内容を検討していたころを思い出す。当時の体育委員長で県民体操のエキスパートだったO田氏の発案により、シンクロナイズド100m走とか企画していたのだ。100m走は普通におこなわれるし、障害物競走などもある。ならば、一歩進めて(?)走りながら演技をしてスピードと芸術点を競うこういった競技があってもいいじゃないかという理論。冗談まじりでも結構まじめに実行の是非が検討されていたのだ。

体育委員長のO田氏はもちろんやる気満々、生徒会長のT井氏も乗り気、なぜか副会長(!)だった自分も含めて反対意見はほとんど無かったのだが、実現させるには至らなかった。懐かしいですな(って当時の関係者は誰も見てないか)。

TOP

お昼はいつもどおり配達の弁当にし、夜は、春日近郊友の会改め春日近郊老人会(?)の定例会打ち合わせ。博多駅まで歩き、周辺を徘徊(ボケ老人?)。麦酒の美味い暑さですな。地鶏を食べながらサッポロビールを飲む。

TOP

どうもこのあたりはアサヒがはばをきかせてるんですなぁ。サッポロやキリンの店があまり無いように見受けられたし。で、行ったお店はビールが美味しく、気がつけば結局久々に4杯ものんでしまった。そりゃ体重も増量するわけよ。まあ食べ物も美味しく、結構食べたのだが5人で結局3000円弱ということで済んだ。なかなかお得なのだが、注文したものが来ない・違うものがくるといったことがたびたびあった。忙しいのはわかるが、そのあたりをきっちりしなければいけませんな。接客自体は比較的よかっただけに、残念。とりあえず15日の行事予定がおおまかに決まる。12月の忘年会も2週目あたりを目標に仮決定。いつもの会場では最後の忘年会になるので早めに決めて予約を入れたいところですな。

食後はヨドバシを徘徊して物欲を刺激しながら帰宅。帰りも駅から30分近く徒歩。夜になっても蒸し暑い。本当に秋なのか?


9月4日  晴れ  まだ残暑

6時55分起床。今日も朝から暑い。体重も増量したので自転車でまじめにいこう。

今日はどちらかといえば水太りのようなかんじ。昨日は朝から500mlのアミノ酸飲料を飲み、昼は持参しているお茶を飲んだ。夜は生を4杯飲んだあと、歩く前にまたアミノ酸飲料を500ml。あわせて飲料からの摂取だけで3.5Lくらいか。汗は大量にかいているけれども水分摂取量のほうが放出したぶんよりもかなり多そうだ。体もなんとなく重い。十分な水分摂取は必要だけれども、摂りすぎはやはりよろしくなかろう。

まあ、気持ちよく飲んで二日酔いにならなかったのでよしとしようか。今朝も自転車は快調に進んで会社までの所要時間は25分弱。コースを変更して一時停車の回数が増えている割にはいいペース。追い風参考なのは内緒。

自転車通勤の場合、会社までの道のりは約10キロとなっている。が、比較的交通量が多いため、いくら注意していてもヒヤリとすることは多々ある。とくに、指示器をださずに突然左折する車が怖いものである。指示器を早めにだしてくれれば手前で待つなり先に行くなりできるんだけど。車道を走れば車に視認してもらいやすいけれども流れの速い幹線道路はちょっと怖い。かといって歩道を走ると歩行者の邪魔になったり駐車車両があって車道に出ざるを得ないことが多く、そのときにはどうしてもはみだし気味になってしまう。これではかえって危ない気がする。左折する車両からも発見してもらいにくく、左から出てくる車も車道まで一度に出る(歩道の手前で停まらない)のが多いので非常に怖い思いをする、あと、突然現れる無灯火の右側通行自転車も怖い。そのため朝は20〜25分前後で行けるものの、帰りは30分近くかかってしまう。

なので、所要時間より安全を優先した通勤経路を探索している。明るい時間に帰れるときは道を変えて安全そうなルートを探しているけれども、なかなか安全な道はないですな。幹線道路から一本はいると古くからの住宅密集地で迷路のようになっていたり、行き止まりだったりしてなかなかややこしい。消防車なんかとても入れないようなところに古い住宅が密集している場所も多い。夜に紛れ込んだら脱出できないかも。こういったところで火災なんかが発生するとすごいことになりそうですな。古い住宅が多いというのは、接道の関係で法律上建て替えが事実上困難なことも影響してるんでしょう。安全面で考えると区画整理事業というのは必要かも。原田のあたりもだいぶかわってきれいになったし。

とりあえず、比較的安全な道を探そう。距離が伸びれば運動量も増えるし一石二鳥(なのか?)。

TOP


9月5日  晴れ  週末

6時50分起床。やっと金曜日。今日もまた暑そう・・・。いつもどおり自転車で出勤するが、滝のように汗が流れる。到着後、水分補給。

こんなに暑くて湿度の高い日が続いたら、さすがに機材が心配になってくる。写真機材用に防湿庫が欲しい。何年も機材を運搬用のアルミケースで保管してきたが、収納の関係等もありなかなか置き場に困るものだ。今は乾燥剤をいれて保存としてはいるが、カメラをいれたままで押入れに入れるのはさすがに嫌だし、かといって部屋の中に鎮座してもらっている今の状況も困る。

しかし、防湿庫を導入した場合の設置場所を考えてみると、なかなかいい案がうかばない。電源等の関係も考慮して唯一置けそうな場所は、直射日光がもろに直撃してしまうのだ。かといって機材置きのために引っ越すというのもやりすぎか(笑)。ちょっと悩んでみよう。

そういえば、インプレッサがマイナーチェンジしましたな。どこが変わったのかはよくわからんけれど、イメージキャラクタが最近テレビでよく見かける漫画家(山咲トオルだっけ)に似た人になっている。奥さまはこの人の事を知っているらしいけれど、わしゃまったく知らん。とりあえず1.5LのFFグレードが充実したようにもみえる。うちにはスバルからのDMが、私宛にはKぼ氏から、奥さま宛には別のかたからやってくる。イムズで奥さまがアンケートをかいてからこうなったのだ。ちなみに今回のインプレッサのマイナーチェンジ案内は、奥さま宛にだけきてKぼ氏からはこなかった。インプレッサを買う気はさらさらないのでKぼ氏の判断は正しいですな。レガシィ3Lの情報は少しだけれど既にいただいてるし、試乗してから考えよう。先日の日記に書いたとおり物欲はまだわかないけれど、候補としては上位に位置しているし。

ひそかに気になっているのが、フォレスター。レガシィの三ツ星エンジンが来年2月くらいにのらないのかな。何気にマイナーでいい車だとおもうんだけど。トラヴィックは間違いなく壊れやすそうなのでちょっとなー。欲しいけど。

どちらにしても、スバル車を買うときにはまちがいなくKぼさんから購入させていただくことになるので、奥さまにDMをだしていただいてるかたにはなんか申し訳ないなぁ。購入見込みゼロ確定なのに・・・。

TOP


9月6日  晴れ  暑い

7時40分起床。今日も朝からいい天気。いいかげん秋らしい天気になってほしいなぁ。

今日も少しは自転車に乗っておこう。10時前に出発し、那珂川方面へ。筑紫耶馬溪までいこうかと思っていたが、変速できない状態で山道はつらいため手前の不入道で折り返す。帰りは那珂川町を斜めに抜けてNHK春日の横から住宅街を徘徊し、11時20分に帰宅。約25kmを1時間半程度ののんびり運動。さすがに暑いですな。

で、昨夜から歯の調子があまりよろしくないので歯医者へ行くことにする。15時過ぎの予約なので14時前後に出発して駅まで歩こうか。

といいつつ結局バスと電車で往復。帰宅後は小休止して歩いて回転寿司へ。ビールを飲みながら食べまくり、帰宅後体重測定。さすがに計画より1kg超過。


9月7日  晴れ  まだ暑い

8時40分起床。よく寝た。昨日は寝る前に酎ハイ2本とかのんだので、さすがに体が重い。

というわけでまずは朝から春日公園を散歩。1時間ほど歩き、気持ちよく汗をかいて帰宅。帰宅後はBEATで近場を徘徊。あまりに暑いので屋根は閉めたまま。年をとったもんだ。でも久々に乗ると気持ちがいいですなぁ。

昼食をとったあとはのんびり過ごし、15時過ぎから30分ほど自転車。注油すると走りやすくなっていい感じ。

しかし、体重は落ちず。ちょっとピンチ。


9月8日  晴れ  今日も

6時50分起床。爆睡。いつまで暑いんじゃー。

というわけではないが今日も朝から自転車通勤。土日も意識的に体を動かすようにしているので月曜でも比較的体の動きは軽い。しかし、物理的重量は重い(爆)。昨夜の測定における体重増加はちょっとなー。土曜にビール飲みながら寿司を食べまくり、帰宅してからも24時前後にアブラ系のものをつまみながら酎ハイ2本というのはさすがに無謀だったか。でもたまにはこういう無謀もやりたいところ。本能か?

今週末にはまた飲み会の予定がはいっているので平日のうちに減量しておこう。ここしばらく体を動かす日々が続いており、さすがに疲れがたまってきたのか昨夜は爆睡。21時過ぎに横になり、22時前から記憶が無い。23時半くらいにトイレに起きた後はまた爆睡して朝を迎えた。まだ眠れる。

土曜は歯医者へ行ったのだが、どうやら知覚過敏のようだ。いつもどおりの歯茎マッサージと汚れとりのメニューを済ませたあと、薬を塗布してもらってひとまず解決。土曜の夜から今朝までも問題なしでいい感じ。

昨日はまた朝からいい天気で真夏のようであり、昼からは撮影に出かけたい衝動にかられた。が、どこに行くか考えるとこれが悩みどころ。近場はいまいちピンとこず、晴天と木々の緑のコントラストがきれいであることを考えると山間部へいきたいのだが、そこへいたるまでの道路事情と距離が躊躇させる。というわけで結局出かけずにおとなしく過ごしたのだ。でも、涼しくなってくると出かけたい場所が増えますな。目下の目的地は、年内の鹿児島本線南部・可部線と、10月上旬の山陰本線・山口線か(謎)。月曜に休みを取れば山口線にいけそうであるが、厳戒態勢での撮影はあまり好きではなくまったりいきたいのでどうするかはまだ未定。日曜にマルヨするにしても場所選びが厳しかろう。

今日も体重測定で轟沈。3連敗。

TOP


9月9日  晴れ  眠い

6時40分起床。昨夜も22時過ぎに爆睡。それでもやはり眠い。今日ももちろん自転車通勤。

スローペースの減量は続いているが、土曜の飲食がまだ尾をひいている。昨日の時点で3日連続計画未達ですな。まあそれでも減量曲線は計画以上のカーブを描いているのでこのまま地道にやっていこう。計画以上のカーブといっても土曜に増えすぎたからカーブがおおきくなっているだけなんだけど。

何気に考えてみると、最近は阿蘇方面へ出撃する機会がめっきり減少してしまった。96年くらいに鉄しまくってた頃や98年くらいのBEATにのりはじめた頃は猿のように出撃していたのに。BEATにいたっては、購入して1年半に2万5千キロほど走っているにもかかわらず、最近は年間3000kmにも満たないペースでしか乗ってない。月に一度給油するかどうかといったかんじ。たまには機材満載して遠征鉄にも行きたいし、夜討ち朝駆けでBEATにものりたいところですなぁ。情報をフルに活用して出かけていた頃が懐かしいよ。普通に見ればダメ人間なんだろうけどねぇ。

もしこの日記を見ているかたでBEATが欲しいという殊勝なかたがいらっしゃいましたらお知らせくださいませ。

帰宅すると、3.0Rのカタログが。・・・感想は明日。

TOP


9月10日  くもり  雨天

6時40分起床。昨夜は寝る前に激しい雨と雷が。今日も終日降ったりやんだりとなる模様。久々ですな。というわけで電車で出勤。

昨夜、食い入るように3.0Rのカタログと価格表を眺めていた。が・・・。

というかんじで調べてみると、該当モデルが無いではないか。かなりショック。サンルーフをつける時点でVDCとクルーズコントロールがセットになっている。この時点で3,225,000円。これはいいとして、マッキントッシュをつけると、DVDナビとサイドエアバッグがついてくる。どーゆーこと?しかもこれだと受注生産(?)で車両本体3,705,000円。高すぎ。このエアバッグの設定の仕方は、マイナーチェンジで標準装備になるであろうことを容易に想像させてくれる。ここまで出すのならフェアレディZのロードスターが欲しくなる。しかしサンルーフを選ぶ人はオプションてんこ盛りが好きな人といった図式がメーカーで成立しているのであろうか?マツダ以外のメーカーはこういう傾向にありますな。

逆に、サンルーフをあきらめてマッキントッシュをつけると3,225,000円。微妙なところですな。サンルーフは後付けできないけれど、社外オーディオは後付けできる。でも、社外オーディオで比較的シンプルなデザインのモデルは少なく、またそれなりの音にしようと思ったらヘッドユニットだけで10万以上、スピーカーもやってやはり10万近くなってしまう。あわせて20万くらいか。どっちにしろ、結構な金額になりますな。そんなにお金をかけるつもりはないんだけど。

外観的にはフロントバンパーデザインが・・・。WEBで見た限りでは悪くなさそうだったけれど、カタログでみると萎える。まあナンバープレートを装着したらまた印象がかわりそうではありますな。その他、クロームを多用してギラギラしすぎ。まあこれは実車と色の印象にもよるか。

装備的にはリアゲートのオートクロージャーなんかもついている。排気量や金額面でみる車格から考えると求められる装備かもしれないけれど、そんなもんこそメーカーオプションにしてくれ。大人の車を目指してくるとは思っていたけれど、目指している方向がGTよりもますますトヨタ系ですな。

さらに、どうでもいいけど優遇税制対象になるのはワゴンでサンルーフをつけた場合なんですな。重量の関係のようだけれどもこれが精一杯の環境対応だったのね・・・。重くなってクラスが変わることにより対象となる。なんじゃそら。新型で軽さや燃費をアピールする割には矛盾しとるなぁ。

そんなこともあり、物欲はずばり半減。試乗もどうするか悩みどころ。GT30の走行少ない中古が240万程度なので、逆にこっちのほうが魅力的だったりする。色不問で総額300万以下の在庫車や新古車があるとズバリ即決しそう。まあすでにないだろうけど。新型だったらGTも再び候補にあがらないこともない。でも、ターボはいらない。DOHCは中途半端。17インチなんかいらん(持ってるけど)。SOHCのNAは装備がしょぼすぎ。SOHCでいいんだけど、せめてHIDと5ATを標準にしてくれ〜。そのうち拡販モデルとしてこういう仕様がでるんであろうと容易に推測されますな。

新型がデビューして3ヵ月半、まだまだ街中で目にする機会は少ない。今度のモデルは歴代で最も売れたBG系からの買いかえ需要を狙っているようだけれど、そう上手くいくのだろうか?ちょっと疑問。独断と偏見でいわせてもらうと、BGを新車で購入した自分から少し上くらいの世代は所帯持ちも増えてツーリングワゴンより実用面でミニバンを必要としていると思うんだけど。そんななかでレガシィが欲しいという人はトヨタ的な車を好まないんじゃないだろうか。逆に、トヨタ的な車を受け入れるのであれば、大きさや使い勝手、それなりの走行安定性等をふまえたコストパフォーマンスからして、トヨタのWISHに勝る車はないんじゃなかろうか。欲しいと思うかどうかは別にして。

というわけで、大本命だった3.0Rに萎えはじめた私の車選びはふりだしに戻ります。物欲が燃えないまでも購入意欲はそれなりにあったんだけどねー(過去形)>3.0R。

帰りはJR春日から歩いてみる。所要30分弱。たまにはいいですな。しかし、体重は目標をクリアできず。ちょうど途中で水分補給したぶんが増量した計算になった。飲まなかったら余裕で目標クリアだったであろうが、そういうわけにもいかない。

TOP


9月11日  くもり  台風

6時40分起床。体重は昨夜も増加でちょっとスランプ気味。台風が今週末にかけて接近してくるようで、明日の飲み会は2週間延期になった。体重の計画をたてなおさねばなるまい。

先週土曜に歯医者へ行ったが、また痛みを感じるようになってきた。というわけで歯医者を予約。明日の午前中があいていたので10時半の予約をゲット。午前中なので台風はまだなんとかなるであろう。

石原都知事がまた過激な発言をされたようで。発言の全文をみれば要旨はわかるし内容的にも同感するけれど、テロ容認発言と解釈されても仕方が無いですなぁ。ちょっと勇み足?テロといえばWTC崩壊から2年になりますな。世界的なテロ警告の中、えいちゃんが本日海外へ初渡航。SQでシンガポール経由マレーシア行きらしい。10日間の予定だったらしいが昨日聞いたらすでに9日(?)延長されていた。こりゃー1ヶ月かかりそうですな。まあ異国の地でタイガービールと唐辛子の酢漬けでもたべながらがんばってください>えいちゃん。

というわけで残業して帰宅し、ようやく昨日の日記も更新。

TOP


9月12日  晴れ  歯医者

8時起床。今日は歯医者経由での出勤なので余裕の起床時間。えいちゃんはスコールに歓迎されながら無事到着したらしい。よかったよかった。お土産は唐辛子の酢漬けを買ってきてください(勝手に妄想)。美味しそうなやつをよろしくね。

というわけで朝から軽くフリーセルをしたあと10時半の歯医者予約に合わせて9時半過ぎに出発。日差しがあまりにすごいので駅まで歩く気力も無く、バスに乗る。冷房の効いたバスは快適で、気持ちよく駅まで。乗り換えた電車も空いており、楽チンモードで歯医者に到着。知覚過敏の部分を少し削ってカバーしてもらう。

歯医者の後は、近くの店で軽く四川そばの昼食をとって出勤。暑い。会社までは歩いて20分くらいだけれども、なかなか大変。今日は台風の影響で風があったのであまり汗はかかなかったけれど、風が無かったら汗だくの暑さですな。ちょうど昼休みになる時間に会社へ到着。

途中、久々に書店へ行き、車雑誌を立ち読み。Zロードスターは400万以下になりそうなんですな。価格的にはサンルーフ他装備の3.0Rとバッティングしそう。車のキャラクターからすると普通は競合にならないけれど、わし的にはかなり競合車種。B4にコンバーチブルが出たら即買いモードになるかもしれんけど、さすがにこれはありえませんな。値段も500万クラスになるだろうし。そしたら輸入車が競合候補にあがりそう。この手のオープンではサーブがかなり好き。あとは某氏ご実家に導入されることとなった某FRオープンのアレとか。買える・買えないと好みはまた別問題ということで。

というわけで現在の次期候補車は新車・中古車問わず

といったところか。ちなみに順不同。ステーションワゴンだとやはりレガシィ以外に選択肢がなさそう。アテンザは今のエンジンがひどすぎる(特に試乗車がひどかった)のでエンジンが変わらない限り選択肢にはならない。逆にトルク不足でもロータリーをつんだらいろんな意味で魅力的。ミニバンは立体駐車場NGというのがやはりつらい。福岡市内や鹿児島市内や広島市内へ出撃すると立体駐車場NGという車はちとつらいのよねー。それが理由でレガシィの自転車キャリアも外してしまったし。新しいオデッセイは車高が低くなるみたいだけれども、ちょっと下品?小さい車にするなら無難なFitが事実上有力候補か。なんにせよオープンの呪縛からは逃れられそうにないねぇ。でもオープンを買うなら屋根つき駐車場がほしいなぁ。一戸建てを建てる?そうすると車が買えなくなってしまう。むー。

2台とも買いかえると仮定して、多くても総額600万くらい、できれば500万以下に抑えたいところですな。いや、いちどに2台この金額で買えるというわけではないけれど。そんなことはありえない。

でもこうして考えるとZロードスターはビートの置き換えとして一時的にいい選択肢なのかもしれない。ATで大排気量に任せて比較的ゆるゆると走るとか。でも、日産の営業はイマイチ・・・。以前ステージアを試乗させていただいたかたは、いいかたなんだけれども息がヤニ臭い。PTクルーザーの営業の人もそうだったけれど、営業で口臭がきついというのは致命的でしょう、やはり。体臭や食後の口臭とかはある程度仕方ない部分があるけれど、ヤニ臭さは故意にそうなってるんやからねぇ。それでいて突然お宅訪問をしてくるのでちょっと。

日産はもう1軒、別のディーラーにフィガロを持ち込んだことがある。ここはなんどかイベントの案内をいただいたがその後音沙汰なし。DMで写真入名刺をいただいたけれど、いつのまにか紛失。こちらのかたはお宅訪問もなく、コンタクトしづらいところ。下手にコンタクトをとったら逆に激しい営業攻撃を受けそうなきがする。かといってヤニ臭い営業さんもちょっとなー。

それに、そのほかの営業所にも行った事はあるけれど、総じて日産は買いかえさせようという動きをかけてきますな。ユーザーが現在乗っている車を否定して自社の売りたい車をすすめる方向にあるようだ。買いかえを検討しているとはいっても、今の車を嫌いになっているわけじゃない。そんななかで否定されたら購入意欲も失せるというものだ。その点スバル(特にKぼ氏)は今の車も他社の車も認めた上で営業トークをされるので、心理的に好印象となり買いかえ検討の対象になってきますな。でもいまだとやはりフォレスター?

ちなみにトヨタは欲しい車より買える範囲の車を勧めてきますな。堅実だけれども、これまた購入意欲をそがれる傾向にある。

今日は昼からの出勤であったが、台風接近のため大事をとって定時で上がる。仕事を終えた時点では曇りであったがPCの電源を落として外を見ると嵐になっていた。竹下まで歩き、強風の影響で遅れていた列車にささき氏と乗って春日へ。バスに乗ろうかと思ったが時間がよくなかったので歩いて帰宅。風邪気味なのか、頭が痛い。


9月13日  晴れ  床屋

9時起床。爆睡。10時に床屋さんの予約をしているので起きる。メールアドレスは従来どおりです>Yasu@さん。

メールチェックすると、(財)社会経済生産性本部・自転車活用推進研究会からメールが来ていた。先週応募していたエコサイクル・マイレージの第一次調査対象モニターに合格したとのこと。よかったよかった。15日にもメーターが来るらしいのでとりつけよう。これで減量にも気合が入る(か?)。

ひとまず午前中は床屋さんへ行き、頭をさっぱり。昼食後はまったりしたあと買出しへ。途中、某中古車屋へ立ち寄ってみる。走行3000kmで諸費用コミ169万のコペンが広告に入っていたのでひやかし。でも実車は別の営業所にあるとのことで、おとなしく退散。あやうく衝動買いするところであった。あぶないあぶない。

TOP


9月14日  晴れ  のんびり

8時半起床。昨夜も11時間ほど爆睡。昨夜は食事のときにワインをしこたまのんで轟沈。

のんびり起きたあとは2ヶ月ぶりにBEATへ給油し、ディーラーへ。最近エンジン始動不良の傾向にあるのでメインリレーを発注。

帰宅後はのんびりと過ごし、夕方になって一週間ぶりに春日公園を散歩。今回は2周したのでいい運動になった。


9月15日  晴れ  早起き

6時20分起床。二日続けて早寝遅起きだったのでさすがに今日は早い(笑)。

7時過ぎに出発し、ひとまず南へ。ロケハンしながら移動する。空腹には勝てず、丸星に吸い込まれる。この時間は、スープも濃厚で麺もかためでコシがあり、美味い。ダイエットなんか気にせず、一気にかきこむ。

TOP

続きは、ここ

というわけでビール4本と酎ハイ2本と梅酒2杯を飲みまくり、帰宅。ふぅ。しかしひさびさにこういうのは楽しいですなぁ。


9月16日  晴れ  眠い

6時50分起床。さすがに眠い。あれだけ飲んだ割には二日酔いにはならず。時間差で飲んだのが良かったか。あと、寝る前の胃薬服用も効果を発揮しているだろう。

とりあえず阪神は無事優勝したようで、よかったよかった。といっても、あのミナミでのお祭り騒ぎはちょっと。阪神ファンも多かっただろうが、それ以上に便乗した輩が多そうですな。似非ファンというか、祭りに便乗して騒いでいるだけのようにもみえる。本当のファンはあそこまでひどくはないと思うんだけど。でも、御堂筋パレードが実現するのなら、見に行きたい気もするな。

今朝は起きぬけに体重を測定してみた。服を着た状態で79.6kg。思ったより軽い。昨夜から比べて服の有無を換算してみると一晩で1kg以上軽くなっている。発汗による減少?にしても今朝は涼しく寝汗をかいた形跡もあまりない。台風が過ぎて、すっかり朝晩は秋らしくなってきましたな。昨日の朝も撮影に出かけるとき窓全開だと肌寒いくらいだったし。屋根なし走行の季節到来か〜♪今週うまくBEATのメインリレーが入庫したら交換しておこう。

帰宅したら、トリップメーターが届いていた。早速自転車に装着し、3kmほど試運転。いいかんじ。

TOP


9月17日  晴れ  定時日

6時45分起床。涼しい朝。こういう日が続くと自転車も楽チン。今日はトリップメーター正式デビューで、会社まで実測9.1km。車で行くより若干短いものの、ルートの違いを考えるとまあこんなものであろう。昨夜の実走テストでも誤差は2%もないようだったし。スピードメーターも欲しかったがタダでいただいたものなので贅沢はいわない。感謝しております、ハイ。

しかし、メーターと同じ日に、”国境なき医師団”からの寄付依頼が別郵便できたというのはどういうことか?タイミング的には登録情報の横流しか?国際的な活動はすばらしいと思うが、いきなり郵送で寄付を請うという行動が気に入らん。しかも振込用紙同封。よって、即刻破棄。さらに、WEBをみてみると無断リンク禁止ときたもんだ。こういう民間からの寄付によって国際的に人道的な活動をしている団体であるのに無断リンク禁止という趣旨がわけわからん。寄付を請いたければリンクフリーにして各所で有志に紹介してもらうほうがずっといいとおもうんだけど。もちろん今後も私は絶対に寄付をしないであろう。寄付した金が寄付催促の無差別DM攻撃に使われると思うと寄付する気にもなれない。まあ、1日50円とかの寄付もある(内容を見ると詐欺っぽい名称だが)ようなので興味のある人は勝手に見に行ってください。

URLはこちら→http://www.japan.msf.org/index.php

今週は会社が火曜から始まっているので1週間が短く感じる。しかも休日出勤をしていないので毎週週休二日であり、かなり精神的・体力的に楽ではある。でも、逆にいうと超勤手当てが減っているので生活面では厳しい。質素倹約に努めねばいけませんな。でも道楽も忘れずに。そう考えると自転車通勤はお金がかからなくていい感じ。車で通勤すればガソリン代がかかるし、電車で通勤すれば電車代がかかる。自転車だとガソリン代も電車代も不要で、さらにありあまる体脂肪を少しは消費してくれる。むーやっぱりいい感じ。おまけに排気ガスを出さないので環境にも優しいですな。

ただ、やはり命を預けるものであるため、道具にはある程度お金をかけるべきかと考えたりもする。今の自転車はブレーキや回転部は大丈夫なのでまだいいけれど、次期車両の導入も検討しておかねばなるまい。また、多少派手ではあるが、ヘルメットもやはりあったほうが安心ですな。転倒時に少しでも保護してくれるし。転倒して頭を強打すると生命にかかわるというのがヘルメット装着の第一の大義であるけれど、実際には軽い打撲や擦過傷でもハゲになったりするほうが心配という説が濃厚だったりする。というわけで、そのうちヘルメットを導入するかも。でもどうせ導入するなら自転車と色のバランスをあわせたい。それならば次の自転車を導入するタイミングでの精進か?

導入するならばやはりクロスバイクかMTB。店頭に行くと高いやつが欲しくなる。でも買えない。無限ループ。

定時で帰宅し、本日の自転車走行は19.1km。遠回りして帰ったけれど、1kmもかわらないんですな。

TOP


9月18日  晴れ  モラル

6時45分起床。今朝も涼しい。道頓堀川でとうとう水死者ですか。状況からすると突き落とされた可能性もあるようだけれど、なんとも。バカ騒ぎもほどほどにしてくれ。自分はどこの球団のファンというわけでもなく、あえて言うならアンチ巨人(金にものをいわせて選手を集めるやり方はちょっとねぇ)というくらいであり、大阪で学生時代をすごしたこともあって関西の球団に勝って欲しいというのがある程度。その象徴として阪神は好きなほうだけれど、いつまで騒いでんだか。いまごろ騒いでるのはきっとファンじゃなくてただの祭り好きなんだろうなぁ。そもそも道頓堀川に飛び込むのも2番煎じであって、最初に飛び込んだ人はその勇気と勢いが賞賛に値するけれど今年飛び込んでるのはただのまねに過ぎず、バカまるだし。うれしさを表現して目立ちたいのなら別の方法で勝負せんかい。そんな中、優勝の翌日朝にファン有志が戎橋周辺を掃除している姿も報道されていましたな。こういう人たちが本当のファンなんじゃなかろうか。こういう人たちがいるのならまだ捨てたもんじゃないな。

長崎のホルマリンふぐ、どうやら市場に流通しそうな気配になってきましたなぁ。たしかに残留濃度は安全かもしれない。でもちょっと待て。それ以前に、危険だから禁止されていた薬品を、無視して使用していることは許されていいわけ?漁業関係者の言い分としては安全でないことが立証されてないとか使わないと養殖できないとかいろいろほざいてるらしい(ソースはasahi.comの地方記事)が、毒性があって禁止されているというきめられたことにはまず従わんかい!そして自分らで安全であることを立証せんかい。


漁業関係者はこんな簡単なことがわからんのか?今のホルマリンふぐは安全かもしれないがわからないといった状態であり、これを出荷するのは自らのブランドを自らで傷つけていくようなもの。禁止薬品を使用していたことを無視し、有害であると証明されてないものならば禁止されていようが利用してかまわないという自分らの強引な主張ばかりを通そうとするエゴのしっぺ返しは長崎産の信用低下につながり自分らの首を絞めていくんだけなんだけど。あっぱれな愚か者ですな。

いくら長崎産ホルマリンふぐとわかるように区別できるようにする(長い言い回しだな)といっても、そんなのまともに守る業者がどれだけいることか。仮にすべての業者が区別できるようにして扱い、店頭で表示まで徹底したとしても最終的に消費者はそれを買うだろうか?また、消費者の目にふれる前に小売業者・加工業者が自らの信用を守るために「長崎産は使用しません」といって扱わなくなったらどうする気なんだろうか?最終的に消費するのは食べる人であって、途中の市場ではない。最初に市場が取り扱っても最終消費者が拒否すれば市場も取り扱わなくなる(と同時に区別が守られなくなって市場に流通しますます信用低下になる)ということをわかってないのかね。

少なくとも私は買わん(出先で出されたらたぶんいただくけど)。おそらく区別されたふぐは他のものより安価になるであろう。同じ値段であれば間違いなく消費者はホルマリン未使用のふぐを選ぶだろうし。ホルマリンふぐが安価で出回ったとして、一部の消費者は安いというだけの理由で買うであろう。安ければすべてよしとなれば、どんなものであろうとも安ければ取り扱う業者もでてくる。そこにモラルは存在せず、未来はない。まあそれ以前にとらふぐには手が届かないのでまず買うことはありえないが。

でも、実際問題、長崎以外でホルマリンがまったく使われてないということも考えにくいですな。これを言い出すと何も信用できんけど。

参考URL(京都精華大学人文学部環境社会学科の授業公開)
http://www.kyoto-seika.ac.jp/jinbun/kankyo/class/2003/hosokawa/lecture_03.html

本日の自転車走行、19.5km。

TOP


9月19日  くもり  雨?

6時45分起床。今日は天候が崩れるようだ。久々に電車通勤にしよう。

自転車だと約9kmの道のりなので20分〜25分で会社へ到着するけれど、電車の場合は駅まで徒歩25分弱、JRで10分前後、駅から会社まで徒歩15分くらいなので、ちょうど1時間くらいかかってしまう。雨の日や荷物のある日・飲み会の日等は電車通勤にしている。また、年末年始には急いでいる車も多く、夜になると飲酒運転の車もふえるため、この時期には天気が良くても電車通勤をするようにしている。ちなみに休日出勤のときはたいてい車をつかう。ここ半年ほど休日出勤はしてないけど。

メインの通勤ルートとしては、自宅からバス停まで3分、バスで駅まで12分(朝は20分くらいかかることも)、西鉄の急行で5分、駅から会社までバス10分(朝は30分くらいかかることも)なんだけれど、時間が読めないので朝は確実なJR、帰りは夜道を歩く時間が短く安全な西鉄のルートをとるのだ。夜は乗りかえのタイミングが良ければ40分くらいで帰宅できるし。会社のあたりは公園やマンションも多いが、公園や川にかかる橋の下には住所不定者が住みついていて悪臭を放つ場所もある。一部は最近撤去されたようだけど。夏場はアウトローな若いにーちゃんらを見かけることも多い。発砲事件で死者が出たりもしているし、治安はあまりよくないようだ。この夏も、何度か帰宅途中の社員が強盗の被害(!)にあっており、社内でも注意喚起があっているくらいだ。

というわけでJRは回数券、西鉄電車・バスはプリペイドカード類を使っている。定期券では非常に効率が悪いのだ。短期間の通勤定期は結構高いしねぇ・・・。というわけで今日も回数券を購入してJRで出勤。

そのJR、どうしてもダイヤが乱れがちになるのよねー。これから秋が深まるにつれて筑後地方を中心に朝霧が発生しやすくなり、ダイヤが大幅に乱れる場合がある。春先もそう。そういうときは西鉄の駅まで歩く。JRと私鉄が併走しているとこういうメリットがあっていいですなぁ。西鉄は路線系統が単純なせいもあって乱れにくいし。そのうち家を建てるかマンションを購入するかわからないけれど、このあたりは要チェックのポイントですな。

さて、明日は朝からスバルへ出撃予定。アポ済。どうなるやら。

TOP


9月20日  くもり  試乗

7時半起床。今日は試乗の日。9時過ぎに出発してスバルへ。早速3.0Rに試乗する。

純正ナビは可もなく不可もなくといったところ。リルートはまあまあ。音声ガイドはしつこい。タッチパネルの反応はいまいち。これで23万はちょっと高いな。内装のアイボリーはカタログではきれいだったけれども実車はイマイチ。黒のほうがずっといい。シートは腰が疲れる。ネット上でよいという評価が高かっただけに残念。

TOP

しかし、走りは抜群。ピックアップも結構良し。ブレーキも良し。ハンドルも適度に重い。ちょうど自分の車くらいで違和感なし。4000くらいからグワっとくる感じあり。気にしていたフロントバンパーの開口はナンバープレートで違和感なし。商談させていただき、思いがけない見積もりをもらい、検討。やはり乗ってしまうと有力候補か。

TOP

お昼前にスバルをあとにして一度帰宅。昼食後、ホンダへ。先週オーダーしていたメインリレーを精進。帰宅し、早速交換作業開始。

TOP

内装をはがし、カバーをひっぺがしてECU・メインリレーとご対面。

TOP

交換はすぐに終了。せっかくなのでECUを取り外し、コンデンサを確認。膨れてますなー。写真ではわかりにくいが、基板にはC72シルク付近に若干液漏れしたあともある。お約束の交換をせねばなるまい。さて、どこで105℃品を手に入れるか・・・。85℃品だったらたくさんストックがあるんだけど。

TOP

これまたせっかくなので、リレーを分解。といってもケースを外すだけ。見事にクラックが入ってますな。こりゃー時に接触不良(エンジン始動不良)が起きるわけだ。

TOP

12年おちの厳しい設計の軽自動車としては仕方ないけれど、他の車ではあまり聞かないトラブルではありますなぁ(苦笑)。


9月21日  晴れ  秋空

9時起床。よく寝た。今日は何をしようか・・・。悩んだあげく、せっかくいい天気なので久々に車を出す。

給油して洗車し、小石原へ。途中で精進した石田のプリンを食べる。美味なり♪

TOP

続きは、ここ


9月22日  晴れ  偵察

6時50分起床。寝不足。昨夜はとりもも炭火焼をたべながらワインを1本あける。飲みすぎ。今日は定時後、BEATのECUに使用する電解コンデンサを探しに天神へ行こう。105℃品ってなかなかないよなー。できればもっと耐熱温度が高いほうがいいけど。

車の選択はやはり難しい。土曜のBPE試乗時には印鑑も持参して臨み、見積もりでは破格の提示をいただいてしまい、激しく悩んだ。ちなみに見積もりオプションはサンルーフ(+セットオプション)のみ。オーディオ等は標準品。インプレッションはこんなかんじ。

試乗して、走りに納得したあとに見積もりをいただく。さすがに厳しい。商談し、仕様をつめて2回目の見積もりをいただく。印鑑を押しそうになる。しかし、そこはおさえて冷静に。まったく気がつかなかったがちょうどこのころささき氏がエクストレイル納車のためディーラーへ向かう渋滞の中この様子をみていたらしい。

悩みまくったあげく、じっくり吟味するべくいったん帰宅。帰りにフォレスターのカタログをいただくのを忘れない。帰宅後はBEATの整備をしたあとじっくり吟味。マイナー車志向の趣味にフォレスターがぴったりあてはまる。夫婦そろってかなりフォレスターに傾倒中。

こうして考えるとやはり今回のレガシィは見送りかもしれない。試乗した感触はすごく良かったけれど、やはり自分の方向性とは少し違う気がする。今のところはフォレスターで決まりか?まだ買わないけど。

フォレスターにすると仮定した場合、来年1月末に予定されているといわれるマイナーチェンジの内容が気になる。BPレガシィのSOHC相当のエンジンになったらかなりいいかも。でもライト形状に大幅な変更がはいりそうな気もする。SUVに涙目形状のライトは似合わない。いまのフォレスターはスクエアなフロントの印象がいいのだ。また、現行型を買うなら全高の関係でクロススポーツになるのだが、どうやらルーフレール取り付け部からの雨漏りが傾向的不良で多いらしい。WEB上には不具合情報が多数みかけられる。それに対するディーラーの対応は、前例なしというところが多いらしい。この雨漏りはAピラーを伝って足元にくるらしく、気がつきにくいようだ。非常に気になりますな。まあ不具合事例がでているので現在の量産車は対応されていると思いたいがどうなのか・・・。

1月末にマイナーチェンジとなれば、遅くても年末には現行車の生産が終了するであろう。逆算すると11月末くらいにはオーダーストップか。早ければ11月中旬くらい?MC情報が非常に気になるところですなぁ・・・。

TOP


9月23日  晴れ  休日

9時起床。気候が良いと良く眠れる。爽やかな朝。昨日は天神でコンデンサを無事精進。今日は交換はできないのでECUでも外しておこうか。

午前中はのんびりすごし、昼からECU取り外し。本当は外出しようかと思っていたけれど、いまいち体調がすっきりしなかったのでのんびり。車載用のCDを焼いたりして過ごす。自宅コンポや車載CDデッキでもCDR読み取りOKが確認できて一安心。

TOP


9月24日  くもり  定時日

6時40分起床。今日は普通に出勤。久々に自転車。

昨日はフォレスターのカタログを吟味。あちらをたてるとこちらがたたずでなんとも判断が厳しいですなぁ。基本的に、NAのクロスポがターゲットなのだけれど、現在引っかかっているポイントとしては、

といったところ。これらはターボモデルにすると解決されるのだが、ターボモデル(クロスポ)にサンルーフをつけるとサイドエアバッグがついてくる。いらんっちゅーねん。サンルーフなしのほぼ同等仕様で比較すると、ターボモデルとNAの差額は約50万。その50万でエンジンの違いのほかは上記3点が解決されるとなると、ターボモデルをえらぶのが得策な気もする。しかし、サイドエアバッグはいらないのでこれを避けるとサンルーフの装着ができなくなる。微妙に難しい。サイドエアバッグがなければブリンプからレールもでてるしうちの正規レカロ装着もOK。オーディオはどちらにしても交換する可能性が高いのでこれまた微妙。

その他、フォレスター全般で残念なのは、外気温表示ができないところ。とくに冬場は外気温で路面状況が予想できることもあり、是非とも欲しいのだが・・・。マニュアルエアコンを強引にオートエアコンにした代償か。あの操作SWは。来年のMCでこれがつくならば顔がかわっても来年モデルのほうがいいなぁ。でもどうせメーター追加するからなくてもいいか。スバル国際規格対応の現行モデルは吸気温表示もできるみたいやし。でもこのメーターの対応機種にSG5がはいっているけれど、ターボ車だけなのね。やはりこれらの点を総合的にみるとターボモデルできまりかな。コストパフォーマンスをみると抜群にNAがいいんだけど総合的な満足度ではやはりターボかな。悩みがまた増えた。

レガシィは、やはりなにか違うような気がする。高級っぽく(あえて高級とはいわない)なりすぎたというか。あと、車選択の安全パイとして考えられるけれど、ちょっと違う車にも乗りたい自分がいる。使い勝手とか総合的にみるとフォレスターかな。立体駐車場OKというのは遠出して広島や鹿児島など都市部へ遊びに行くときの利便性を考えると非常に大きい。あと、走っている車をあまりみないところか。少なくとも福岡では見かける機会が少ない。レガシィはあまりに多すぎる。BPはまだあまりみかけないけれど、B型になるころには増殖するんだろうなぁ。フォレスターはマイナーであって欲しいぞ。


9月25日  小雨  給料日

7時10分起床。よく寝た。けれども起きると路面が濡れている。危ないので電車ですな。というわけで電車で日記のネタを考えながら出社。今日はBEATネタにしよう。

昨日は始業前の時間と昼休みを利用し、BEATのECUの電解コンデンサを交換。なんやかんやで合計40分以上かかってしまった。部品は月曜の定時後にカホパーツセンターで税込み399円にて精進。温度は105℃をクリアしているがモノ的には標準品クラスなので寿命1000時間と考えて、平均速度を30km/hと想定すれば3万キロ程度ですか。3割ほど適当にマージンをみて2万キロで交換がいいかな。いまの乗車ペースだとあと7年くらいはいけそうだ。ちょうど部品寿命を迎えてしまうぞ(笑)。

BEATのECUにはこの不良がかなり出ているらしい。最近はあまり見なくなったけれど、一時期はどこのBEAT関係掲示板をのぞいてもこの話題が議論されていた。まあ、BEATは初期の固体のタマが数多く残っており、製造開始からはすでに12年が経過。同時期の多くの車種はすでにくず鉄か。もちろん電子部品の設計保証期間はすでに過ぎているであろう(普通は7年くらいかな)からさもありなん。また、ECUの設置場所は、室内といえどもエンジンから鉄板をはさんですぐの場所。その上にはカーペット+車検証入れで覆われ、熱的にもかなり厳しいようだ。この条件を考えるとおそらく105℃品でも厳しかろう。遮熱シートを張るのがせめてもの抵抗ですな。または、ECU部分のカーペットを切り抜き、車検証入れもその部分をくりぬけばかなり熱負荷は低減されるんだろうけど。エンジンルームからの熱はさえぎるのが厳しいので、せめて放熱方法を工夫したほうがよさげですな。内装をはがしてECUとりつけを下駄履きさせている人もおられるが、雨漏り対策がなされていればかなり有効かも。もしかしたら、アウトドア用の断熱マットの類をECUの大きさにカットして、鉄板との間にクッションとしてはさんで軽く固定すると振動も緩和されてECUにやさしいかもしれない。めんどくさいのでやらないけど。これをやるなら鉄板の表面温度の上限値と断熱マットの耐熱温度がキモになりますな。溶けたら目もあてられなくなりそうやし。

ちなみにこのコンデンサ交換、BEAT乗りの間ではかなりメジャーなメンテナンス(!)になっている。普通はECUを交換するんだけど、古いためにECUの在庫がなく納期不明だった時期とかもあり、てっとりばやく交換してしまう傾向にあるようだ。BEAT乗りには他車にくらべて電子工作経験者が多いのだろうか。オフ会とかいくと良くも悪くもオタクな傾向は確かにあるし(もちろん自分も含めて)。

で、自分で出来る人はいいとして、問題は電子工作の経験などまったくない人。掲示板等でも、よく、「自分で交換できますか?」「どこで電解コンデンサは買えますか?」「半田付けはどのようにすればいいですか?」「交換のしかたを教えてください」といっためまいがしてくるような書き込みをよくみかけていた。WEBでみていると、自分で作業して失敗したり、ピンバイスで穴をあけて部品を装着している人がいたりして、苦笑するしかなかったこともある。そもそもこういう質問をする程度のレベルであれば、自分で交換しようなどとは考えないほうがいいであろう。おとなしく経験者を探すか、ヤフオクで交換作業をしてくれているところに依頼しないときっと後悔しますな。

ちなみに私もコンデンサを探すためいろいろな電子部品通販やBEAT関係のショップ、ヤフオク等をチェックしてみた。ヤフオクで交換をされてる方は材料費・工賃込みで3300円(だったっけ?)くらいで請負っておられる。清掃など丁寧に作業して実質1時間くらいかかる内容であり、交換時の破損リスクと部品代・工賃を考えればこの価格は良心的だと思う。私だったら、部品代で500円、工賃で2500円、リスク換算でプラス1000円くらいは最低でもいただきたくなるな。見ず知らずの他人だったら5000円はいただきたいところ。お世話になってる人だったら部品代だけでいいんだけど。電子工作経験があれば自分でやってみるのもいいだろうけど、マイナス側のスルーホールは熱的に結構厳しいので注意が必要。まあ、コンデンサ自体は業販だったら1個10円もしないものだし、グレードをあげてもたかが知れている。標準クラスの部品で、パーツ店の店頭価格だったら1個50円〜100円くらいか。交通費や店頭購入の手間等を考えると6個セットで1000円くらいの通販(某有名ショップとか)だったらかなり良心的であろう。ちなみに部品の容量変更は、回路発振の危険等もあるのでおすすめできない。耐圧アップはいいけれど。容量アップさせるくらいなら、耐熱125℃や150℃の部品にするほうがはるかに良かろう。というか手に入るのならばこれらのモノがおすすめ。

せっかくなので、経験者から失敗しにくい手順をアドバイスをしておこう。これから交換しようとしているひとでここを見ている人はほとんどいないだろうけど(笑)。

といったところかな。リードをカットした後はかならずこてをあてないと、カットした衝撃で半田にクラックが入ることがあるのだ(本当)。忘れないようにしないと。また、基板反対側まで半田があがってきてないと、最初はとりあえず動いても走っているうちに接触不良で不良に極めてなりやすいので注意が必要なのである。ちなみにリードをダイレクトに加熱するとコンデンサにダメージが及ぶ可能性があるのでこれまた要注意。

ここに書いてある言葉の意味がわからない人や、作業内容が想像できない人は、悪いこといわないのでECUユニットを新品交換するべきだろう。理解できても必要な工具を買い揃えると、結局ヤフオク等の交換作業をしてくれる業者(個人?)に依頼するほうが結果的に安価で確実だとおもわれる。もちろん私はリスクや保証を考えるとあの価格で見ず知らずの人相手にはやりたくない。もしディーラーで請負ったとしたら、メインリレー交換工賃が4900円くらいらしいので、おそらく1.5万くらいにはなるんじゃないのかな。あくまで推測やけど。

ちなみに交換して15kmほど走った上での感想は、アイドル回転が下がって低速トルクが増えて回転が滑らかになり、拭けあがりもスムースになった印象あり。数ヶ月前にファンネル装着したときも、そのあとでECUリセットしたときも似た感じはあったけれど、今回のほうがはっきり感じられる。しかし、気温が低くなったりした影響も大きいだろうし、正確に同じ条件で比較したわけではないのでプラシーボ効果とECUリセットの効果が大きいといってしまえばそれまで。でも満足。安心して乗れるし。

しかし、いくら設計寿命をこえているとはいえ、これほど不具合が発生しやすいというのは電源回路の設計不良なのではなかろうか?または、電源回路部品大手のIC(らしいものがシールドにビス2本で放熱されてますな)が不良になりかけてるのかも(推測)。本当はこのICも交換しておきたい。このICの根元にパスコン追加とかも効果がありそうだけど、回路図がないのでちょっと無理ですな。発振なんかされたらかなわんし。

と、ここまで一気に書いたら昼休み終了。ふぅ。長すぎたか。また明日の昼休みくらいに同じ部署のS松氏から「長すぎ。疲れる。」との苦情がきそうだ。

TOP


9月26日  晴れ  地震

6時40分起床。明け方に北海道で大きな地震が発生して被害が出ているようですな。むむむ・・・。

東北の地震といい、関東の地震といい、続きますなぁ。しばらくは東日本を中心に要注意ですな。個人的には出かける予定はないからまだいいものの、住んで生活しておられるかたがたは気が気でなかろう。はやくおちつくといいんだけど。逆に、福岡で地震がおきたらどうなるだろう?福岡は小さい地震もほとんどないので、ごくたまに震度2〜3くらいの地震があると激しく大騒ぎ。震度6とかだったらすさまじいことになりそう。関東や東海の大地震も起きるといわれながらなかなかおきない。これはこれでいいんだろうけど、現実問題として地震がないあいだは歪が蓄積されてるんじゃなかろうか?だとしたら、関東大震災から結構な年月がたっており、恐ろしいことになりそう。ここは一発、小さめの地震を適度な間隔で発生させて大きな力がたまらないように出来ないものだろうか?無理か。

そうえいば関東方面にはしばらく足をのばしていない。もしかして99年のF-1探索以来か。久々に行きたいなぁ。でも新品だと保証の関係とか考えると地元で買うのが一番いいよねー。中古はいまのところ欲しいタマがあまりないし。よんにっぱは欲しいけど、稼働率はかなり低くなるだろうからさすがに躊躇。さすがにいまからFDの高額レンズを調達するのもちょっとためらわれるな。すでにさんいっぱもごーよんごもあるし。*1.4テレコンもあるし。

新品を買うのだったらやはり一眼デジだろうか。CanonのEOS Kiss Dは思ったよりよさげですな。先日カホの帰りにビックカメラで触ってきたけど、想像以上に軽いしAFも思ったより早い。10Dのほうが好みだけれど、5〜6万の差額を考えるとKiss Dでいいかなという気になる。どうせデジタル一眼ボディは数年の命だし。激しく消耗品ですな。やはりボディがフィルムまで兼ねるというのが致命的か。今までカメラを選ぶ選択基準として、

というのを条件にしてきた。Canonでこれを基準にすると、現実的にはNF-1しかありえなくなる。T90もよかったけれど、やはり電子カメラであった。

なので、デジ一眼を選択肢にあげる時点でこれらの条件が満たされることはありえないため、かなりどうでもよくなるのだ。無理にあてはめるならば頑丈さを優先し、EOS1Dシリーズになってしまう。内容を考えると現状では妥当な値段だとは思うが、撮像素子の実用寿命を考えると高すぎ。手ごろな値段でかなり頑丈なEOS10Dがベストなんだけれど、Kiss Dのコストパフォーマンスの前では厳しいか。10Dが量販店でボディ実売13万くらいになったらちょっと揺らぐかも。結局は趣味のものなので、操作感や質感も大きな要素であろう。そろそろデジ一眼を平行導入しようかと考えつつ、まだしっくりくるタマがみつからない。とりあえずKiss Dが衝動買いしそうな値段になっているのでこれから1年くらいのあいだに導入してしまうかも。導入しても、気合一発の撮影にはやはりまだNF-1が現役となるであろう。適度な重量感と操作フィーリングがたまらん。単三モードラつきのボディとNFD200mm/2.8やNFD300mm/2.8Lとの手持ちにおける絶妙なバランス・ハンドリングはやめられませんな。見た目もメカメカしくていかついし、趣味のものは見た目と気分も大事。

関係ないが、PC業界関係の情報で有名な某I社のPというWEBで最近不定期連載になっている最新デジカメレビュー、執筆のNという人が写真も撮影しているようだけど、下手すぎ。あんな作例をだされてメーカー広報はクレームつけないのかな。M社の手ぶれ防止作例とかはブレがないと書いておきながらぶれまくっている。またP社のデジ一眼による電車の作例ではわずかに前ピンとかいいながらぶれすぎなので判断できない。根本的に撮影者が下手なのかカメラがだめなのか判断できないではないかー。もしかしてメーカーへの嫌がらせ?そのうちKiss Dのレビューもあるだろうから楽しみなんだけど。

ここ数日毎日のように酒をのんでいたら、昨夜はとうとう体重オーバー。さすがに酒をひかえようかと思いつつ、今日はまた飲み会。今夜も増量やむなしか?


9月27日  晴れ  週末

7時半起床。昨夜は22時過ぎに帰宅したが、よっぱらって爆睡。体重測定もせず。胃薬をのんでおいたので二日酔いは避けられた。

で、今日は朝からシャワーを浴びて、復活。恐ろしいくらいにいい天気ですな。

でもやはり疲れはたまっているのでのんびり。昼からBEATで近場を徘徊。

TOP

春日〜筑紫野〜山神ダム〜那珂川〜春日でまったり。風は心地よいけれど陽射しが少々暑いですな。那珂川では500系のぶつ切りが。

TOP

塗り替え待ちの100系ですな。

TOP

久々にアクセスログからリンク元を調べていると、こういう検索結果があった。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%99&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&start=120&sa=N
何ゆえこの検索を行なわれたのか結構気になる(笑)。

TOP


9月28日  晴れ  いい天気

7時40分起床。朝から今日もいい天気。とりあえず出かけよう。

10時に出発し、筑紫野ICから高速へ。大分道にはいったところでセブンに抜かれる。今日はのんびり。

TOP

続きは、ここ


9月29日  晴れ  車の運

6時40分起床。今日も晴れ。自転車にしよう。

通勤途中、うちから幹線道路に出てすぐのところですでに道路は渋滞中。ここはエスケープゾーンとなる歩道もなく危ないので裏道で迂回したら、交差点で事故か何かやっているようであった。現場から少し先の路地から幹線道路に戻ったので詳細は不明。その交差点は片側2車線で長めの直線から続く下り坂の先のブラインド気味左カーブ先に信号があり、そこで右折する車が多いけれど右折レーンがないという少々危ない場所。普段この道を使用している人はたいてい手前の直線から左車線を走るのであまり問題はないものの、朝は無理して右から割り込む車も多く、また抜け道と市役所がある関係で右折する車も多いため危ないのだ。しかもその手前には路地から出てくる道もあり、これまた危険。左折専用の出口でも平気で直進や右折していくしその車でまた渋滞になったりもする。困ったものですな。ちなみに車ではその道はあまり利用しません。危ないし混雑するし。朝は自転車で注意しながら通過するくらい。帰りも迂回。

で、車だけれども、どうも今年はあまり運がないようだ。3月23日にはやはりこのGSでレガシィにガソリンをぶちまけられ、翌24日にはやはりレガシィがアパートで隣の車にぶつけられて破損。相手先保険屋のあいおい損保は対応が遅く連絡もこちらから先にとる始末。代理店はしっかりしてたけど実際に対応する保険屋がだめだめ。まったく話にならん。

7月は北海道でレガシィのラジエターホースが破損し、急遽交換。その後水温センサー死亡。レガシィが落ち着いたと思ったらBEATがメインリレー不良とECU内部の電解コンデンサ死亡。そして今回GSでのガソリンシャワー。ちょっとなー。ガソリンを車にかけて飛沫をあげながら「止まりませんー!」といわれても困るのよ(苦笑)。

まあ、レガシィのラジエターホースは部品寿命でもありやむを得まい。また、GSで応急修理後ディーラーへ行くため多めに冷却水を入れたこともやむを得ない処置であろう。むしろ規定量でろくに修理工場どころかGSすらないところを100kmほど走るのも危険であったから。後日調べていて知ったのだけど、Google先生によるとレガシィでは冷却水量過多で水温センサーが死ぬという事例がいくつか実際にあったようだ。まあ背に腹は代えられないという事情だったのでこれも仕方がない。ついでにサーモスタットも交換したことで水温も安定するようになったしどうせ部品寿命が近かったであろう。BEATのメインリレーも電解コンデンサもFAQになるほど頻繁にみられる事例なので、これもやむを得まい。

しかし同じGSで約半年間に2回もぶちまけられるとちょっとねー。そこはガソリン単価が安いわけではないけれど、ヤンキー風のあやしいにーちゃんねーちゃんやかたぎじゃなさそうなおっさんがいるわけではなく、普通のスタッフをそろえて店頭での対応もしっかりしているので安心してたんだけど。昔は近くのJOMOにいっていたけれど、スタッフがかわってから対応が怪しくなったので店をかえたのだ。やはり最後はセルフしかないのかな。近くに出光かエネオスかコスモのセルフがあったら行くんだけどモービルと九石しかないんよねー。

というわけで今日は9〜10時にまず電話という話になっていたけれど、11時になっても電話なし。仕方がないのでこちらから所長さんに電話。「忙しくて人手が足りずに連絡できてなかった」といわれた瞬間カチンときた。むかつき気分に点火。取りに行く都合をつけることが無理なら無理で、その旨約束の時間に電話するのが筋というものであろう。こちらは連絡をずっと待っていたのだ。昨日は温厚に話を進めたけれども、今日は一転して般若になる。自分のとこでやらかしたミスでありながら対応がルーズというのは許されない。私は普段は温厚だけれども、こういうのには厳しいのだ。ましてや店の責任者ならばなおさら。

昨日のドライブでは、対向車のなかに占めるSUVの車種を意識してみた。エクストレイルって思った以上に普及してますな。エクストレイルはトータル10台くらいはみたと思う。色は白と赤ばかり。フォレスターは気がついた限りではシルバーのクロスポ1台。CR-VとRAV4はたぶんゼロ。日産一人勝ち?

マツダのトリビュートはあまりにマイナーなので存在すら思い出せなかった。

そのほか走っている車を見ていて気がついたのは、やはりレガシィが非常に多いということ。自分が乗っているので必要以上に目につくというのもあるのだろうけど。それでもBH型(先代)の普及はすさまじいものがありますな。台数的はBGのほうが出ていたようだけれど、BHへ買いかえた人もまた多いのだろう。そうすると相対的にBGが減ってしまう。BFもちらほら走っていた。さすがに後期モデルばかりだったけれど、BFはきれいに乗られているのが多いですな。いじり倒された車は淘汰されているようだ。BGは古くなって中古車価格が下がっていることもあり、下品な車が飛躍的に増えた気がする。そうそう、BPは1台も見なかった(爆)。納車に時間がかかっているのか、ただ単に売れていないのかは不明。8月の登録はかなり少ないようだが・・・。

夕方、GSより電話あり。もう一日預からせて欲しいとのこと。シャッター内保管を依頼。どうなることやら。ふぅ。

TOP


9月30日  晴れ  月末

6時40分起床。今日も自転車にしよう。涼しくなると気持ちがいいですな。涼しいどころか8時前に出発すると半袖では肌寒いくらい。それでも10分くらい走ると暑くなってきて会社へ到着する頃には汗だく。体脂肪の燃焼を感じる(笑)。ただ、川沿いの道なんかはススキがあったりしてそれなりに秋を感じるけれど、交通量があると路肩の端のほうを走ることになるためこういう植物が腕や顔に当って痛いのが難点。

こうして自転車通勤をしていると、やはり新しい自転車が欲しくなりますな。特に最近は風が強めであり、変速できないというのはちとつらい。しかし自転車を買うと物欲づいてデジ一眼や車にも一気に手を出してしまいそうで、こわい(爆)。

とはいうものの、最近は以前ほど物欲が盛んでなくなった。むむむ。いま購入検討するならば、車・家・デジ一眼・パソコン・自転車といったくらい。これだけあれば十分か。大物が多すぎ。

GSから電話があり、とりあえず出来たとのこと。きれいになったけれどまだわかるかもとのことだったので、どんなもんなんだか。今日はもう暗いのでわからないから、明日の朝、明るくなってから確認しよう。

TOP


日記
2003.10
日記
Copyright (C) Hiroshi Sakamoto 1997-2004 All rights reserved
本文、写真の無断転載を禁じます。何らかの事情で転載を希望される場合は事前連絡の上了承を得てください。
リンクはまったくフリーですが、リンクをはられたかたは事後で結構ですのでご一報いただけると幸いです。

Diary | HOME
inserted by FC2 system